ドラマ【シェフ】動画 10話 無料で見る方法

シェフ 三ツ星の給食

木曜日22時から放送されているフジテレビ系ドラマ『シェフ 三ツ星の給食』。星野光子演じる天海祐希さんが主演で、毎回痛快爽快でとても気持ちよく元気になれるドラマです。

いよいよ最終回となった第10話のあらすじ、感想、見逃し配信動画を無料視聴する方法を紹介しています。

【シェフ 三ツ星の給食】動画を無料で見る方法


ドラマ『シェフ 三ツ星の給食』は動画配信サービス”フジテレビオンデマンド”で無料視聴することが可能です。

放送後7日間は無料なので、早目に視聴することをオススメします♪
最新ドラマの見逃し配信・過去に放送されたドラマを楽しむなら"FOD(フジテレビオンデマンド)"がオススメです。

ドラマ、バラエティ、アニメ、映画が見放題

最新・過去のドラマ等見放題の"FODプレミアム"は登録した初月は無料です。


他にも
  • 君の名は
  • コードブルー
  • 僕たちがやりました
  • 警視庁いきもの係
  • パパ活
  • CRISIS
  • 昼顔
  • テラスハウス
  • セシルのもくろみ
などなどたくさんの人気タイトルが配信されています。


①まず、こちらから会員登録します。※FODの無料お試しキャンペーンのバナーをクリックして登録

⇒ 今すぐ動画を無料で見る


②会員登録後、動画が見れるようになります。

FODプレミアムで見放題の作品は見切れないほどたくさんあるのでお楽しみください~♪

【シェフ 三ツ星の給食】あらすじ


最終回 第10話


給食をアピールするクリスマス給食で使う食材は「しいたけ・ネギ・セロリ・ピーマン」の残食四天王に決定。

不安そうな皆を尻目に光子(天海祐希)はウキウキしています。荒木(遠藤憲一)が試作をしますが野菜の「顔」が見える料理がなかなかできません。

篠田(小泉孝太郎)からラ・レーヌへの復帰のオファーを受けた光子に、娘のひかり(川口春奈)は「あなたが楽しめるところなら戻ってもいいんじゃない。あなたが一番ワクワクできる場所を選ぶべき」と言います。

ラ・レーヌより給食のほうがワクワクするのだとオファーを断る光子。奥寺(豊原耕輔)は光子のトゥルートを完成させますが篠田は奥寺自身のレシピで作った料理で挑戦することを提案します。

光子の屋台での新作メニューにヒントを得て、クリスマス給食の料理が決定。

市長らを招いたクリスマス給食は大好評でした。ところが三つ葉小だけ自校給食を残すことは予算上不可能だという結論になってしまいます。

三ツ星の発表が行われ、奥寺のメニューで勝負したラ・レーヌは星を二つに落としますが篠田はここから始まるのだと前向き。そしてなんと三つ葉小の給食が星を一つ獲得し、自校給食を継続できることになります。

【シェフ 三ツ星の給食】感想レビュー


最終回 第10話


自校給食の存続を賭けたイベントのメニューなだけにどんなものができるのかドキドキしましたが、今回も美味しそうな給食(白ねぎのポタージュ、ピーマンとしいたけの味噌ソテー、ミルクゼリーのセロリコンポートがけ、残食四天王の宝袋包み)が完成しました。とくに白ねぎのポタージュが美味しそうでした~。

イベントは成功だったのに、三つ葉小だけ存続させることはできないという話にエエッと思いましたが、まさか星をもらってしまうとは!光子の屋台に来ていた二人組の覆面モニターのおかげですね。

晴子が光子の娘・ひかりだとわかったときは衝撃的でしたが、だんだん二人の距離が縮まりました。一緒に屋台を切り盛りしたり、光子の部屋でメニューの試作をしたりする様子が微笑ましかったです。

親子というより友達みたいな感じで楽しそうでした。大企業に内定をもらっていると言っていましたが、晴子ももしかしたら給食室に残るのでしょうか?

そして篠田の変貌ぶりにはちょっとビックリしましたが彼も結局おいしいもので幸せになれる人なんですよね。奥寺シェフが彼自身のメニューを作れることになって良かったです。

無事に三つ葉小の給食室は続くことになってひと安心。出来すぎなくらい全てが丸くおさまりました。

このドラマが始まったときは光子の独特なキャラについて行くのが大変でしたが、回を追うにつれてだんだんと引き込まれてしまいました。

このドラマを見ていると何だか気持ちがほっこりするんですよね。

今回で終わりなのが残念、もう1クールくらい見続けたかったです。スペシャルの放送を期待したいです。

フジテレビオンデマンドで1~10話まで一気見してみました!


一流のレストランに勤めていた三つ星シェフの主人公が、そのレストランの支配人に裏切られ、事実無根の食中毒事件を起こされてしまいます。その責任がすべて主人公に押しつけられ、世間でも話題になってしまいます。

そのレストランで働くことはできず、他のレストランでも食中毒事件を起こされては困るという理由で全く雇ってもらえません。

そんなとき、ニュースでこの食中毒事件を知ったテレビニュースのディレクターが、このシェフを学校給食の調理士として働かせ、その様子をニュースの特集にしたいと考えます。

嫌々ながらも学校給食の調理士になったシェフですが、今まで通りの料理を作れるわけもなく、予算やカロリー、栄養分、調理時間など、様々な決まり事に縛られながらも絶対に手を抜かず、誰もが「最高に美味しい」と言う料理を作ることを諦めません。

給食を作った後は自分の屋台で三つ星料理を振る舞ったり、離婚してから会っていなかった娘と再会できたり、良いこともあります。

しかし、前に勤めていたレストランの支配人は良く思っていません。主人公をつぶそうと、あらゆる手を使って料理業界から追い出そうとしますが、主人公の負けない強さと前向きな考えで、仲間と一緒に困難を乗り越えていく、とても勇気がもらえるドラマです。


最初はあまり観る気にならず、とりあえず1話だけ観てもようという気持ちで観始めましたが、すっかりハマってしまいました!

まず、主人公を演じる天海祐希さんがとても役に合っています。いつもポジティブで、嫌なこともプラスに変えてしまう前向きな姿勢は、観ているこっちも勇気がもらえるくらいです。

また、三つ星シェフの役ですが、料理のシーンが多々あり、その姿もかっこよくて釘付けになってしまいます。

他にも給食調理士のメンバーや娘役の川口春奈さん、そして調理士でもあり栄養管理士でもある遠藤憲一さんなど、キャストが役に合っているのもポイントです。天海祐希さんと遠藤憲一さんが言い争いをする場面もありますが、それすら微笑ましくみえてしまいます。

内容も、今まで全く知らなかった学校給食についての知識に驚くことがたくさんあります。残飯の量を毎日記録していること、一日ひとりあたりの予算、取らなければいけない栄養分、カロリー計算、調理法や気をつけている点など、食べるだけで全くしらなかったことが多く、「そうだったんだ」と関心することも少なくありません。アレルギーを持つ子供への対応などには、感動すらしました。

また、三つ星レストランの評価内容も今回このドラマで初めて知ることができました。三つ星を獲得するまでの道のりは簡単なものではなく、だからこそ獲得できたときの喜びは大きいのです。

三つ星シェフとして固いプライドを持って料理し続ける理由も分かる気がします。お客様がいる以上、自分の作れる最高の料理を提供するという自分の信念を常に持ち続けている主人公を見て、かっこいい生き方だなと思いました。

自分も、なにか譲れないものをひとつ持ち続けて生きていこうと前向きに思いました。

【シェフ 三ツ星の給食】動画を無料視聴する方法


『シェフ 三ツ星の給食』は動画配信サービス”フジテレビオンデマンド”で無料視聴することが可能です。最新話は放送から7日間無料です!
最新ドラマの見逃し配信・過去に放送されたドラマを楽しむなら"FOD(フジテレビオンデマンド)"がオススメです。

ドラマ、バラエティ、アニメ、映画が見放題

最新・過去のドラマ等見放題の"FODプレミアム"は登録した初月は無料です。


他にも
  • 君の名は
  • コードブルー
  • 僕たちがやりました
  • 警視庁いきもの係
  • パパ活
  • CRISIS
  • 昼顔
  • テラスハウス
  • セシルのもくろみ
などなどたくさんの人気タイトルが配信されています。


①まず、こちらから会員登録します。※FODの無料お試しキャンペーンのバナーをクリックして登録

⇒ 今すぐ動画を無料で見る


②会員登録後、動画が見れるようになります。

FODプレミアムで見放題の作品は見切れないほどたくさんあるのでお楽しみください~♪

過去のあらすじ


第9話




給食が自校給食から給食センターへ移行することが決まり、給食室のメンバーに動揺が広がります。地産地消キャンペーンの一環としてセロリを使ったメニューを作らなければならないのにそれどころではないメンバーたち。

一方ラ・レーヌでは新作メニューの開発を進めていました。奥寺(豊原功輔)が担当していますが完璧なものができず、光子(天海祐希)を訪ねてきます。

光子と荒木(遠藤憲一)は残食率の高いセロリをどうしたら子どもたちに食べてもらえるか試作します。

光子の作った料理をもとに、給食の予算で作れるように改良する荒木。次の職探しに奔走したもののうまくいかなかったメンバーたちは給食作りに以前よりも熱心になり、アイデアを出したり材料調達に走ったりと活躍します。

セロリを使ったメニューも子どもたちに大好評。

自分たちの居場所は給食室しかないと実感したメンバーたち、光子たちの給食がなくなってほしくない子どもたちは何とか自校給食を中止できないかと考え、給食をアピールする機会を作ることにします。

第8話




子供達が楽しみにしている「お楽しみ給食」の日、水道工事の影響により給食作りに無くてはならない水に錆が混入していて使うことができないというアクシデント。

緊急事態に子供の一斉下校をすることに。しかし、主人公光子は諦めなかった。水を使わずに給食を作る!という前代未聞のアイデアを考える。

仲間たちと協力し、「牛乳」をつかってフレンチトーストとグラタンを作ることに。

配給の時間が迫る中、給食が完成目前の時に事件は起きた。生徒の一人に「牛乳アレルギー」の子がいることを思い出した荒木。ただでさえ時間がない中、仕方なく好きなパンを食べさせることに。

しかし、ここでも光子は諦めなかった。「牛乳アレルギー」の子も食べられる「豆乳」を使ったレシピを考え、生徒全員分の給食を作り上げた。

逆境を味方にし、子供達が喜ぶ給食新メニューを生み出した光子はやはり三ツ星シェフだった。

そんな中、篠田はラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌの星の審査に向けて新なメニューの考案をする。光子が残したメニューを奥寺が再現するも、なぜか完璧ではないことに苦悩する。

第5話


光子(天海祐希)は、看板メニューにしようと思っていた鴨を、篠田(小泉孝太郎)に買い占められて入手できずにいました。

一方、荒木(遠藤憲一)は、給食の予算の関係で魚と野菜の高騰に頭を悩ませていました。給食を影響の少ない範囲で休むよう提案しますが、荒木は客を思ってそれを一蹴。

荒木の姿勢に触発された光子は、なんとか鴨を手に入れようとしますが、卸売業者に相手にされず。帰ろうとした光子でしたが、ひとりの業者がある精肉店のことを伝え、光子は店を訪ねるものの望むような品質の鴨ではありませんでした。

荒木も、予算の範囲内で買える魚を探していましたが、思ったようなものは見つからず。ですが、手に入ったものでなんとか代案レシピを考えることに。

レシピを試食した光子は「まずい」といい放ち、自分ならもっとおいしくできると自信を見せる。



過去の感想


第9話


今回のお題はセロリでした。「残食王」なんて不名誉なことを言われてましたがセロリ、おいしいと思うんだけどなぁ。結局ミネストローネとチキン包みのオーブン焼きにしていました。

これまで色々なピンチを乗り切ってきた光子たちでしたが、自校給食廃止は最大のピンチ。

給食室の面々はそれぞれ相撲部屋のちゃんこ番や試食モニター、女性のヒモなど次の行き先を模索していました。

しかし光子はいつ寝ているんでしょうね?屋台が終わってから給食のメニューの試作をして、9時にみんなが出勤してくるときにはすでにその日の下準備は光子が終わらせているんです。スゴイ!

でも今回からはみんなも早く出勤してきたり、もっと給食をおいしいものにするためにアイデア出したり、やる気になってきてくれていい感じです。「おいしいものにするためには手間を惜しんだらダメなの!」という光子の口癖まで移っていました。

光子はあまり執着もしないタイプみたいで、悩んでいるラ・レーヌの後輩にも惜しげもなくアドバイスしちゃってました。「楽しんで料理すること」がやっぱりキーポイントみたいです。

確かに光子を見ているとなんだか前向きな気分になってきます。給食室のメンバーたちとも心が通じてきたので見ているこちらも嬉しい。とくに荒木さんとはいいコンビです。

今さらラ・レーヌには戻らないとは思うけれど、光子のやりたいことが一番できる場所としてどこを選ぶのかちょっと気になります。

次回は残食四天王(しいたけなど)を使って給食作るみたいなのでそれも注目しています。

第8話


今期のドラマで一番楽しみにしています。どんな逆境もチャンスに変えて、楽しんでいる光子を見ていると、何事も考えようだなと前向きな気分にさせられました。

三ツ星シェフの肩書きを失った光子は、才能だけではなく地面を這いつくばるような努力を重ねている光子。

ただ業務をこなすだけだった給食センターの皆んなの気持ちに変化が出始めていること、娘のひかりが光子のことを母として・女性として尊敬し始めていること、篠田が光子の真の凄さに気づき始めたこと。

自分の信念を貫く生き方をしている光子が、周りを巻き込み始め、これから話が面白くなりそうです!

私がこっそり楽しみにしているのは、毎話でてくるサッカー少年と光子のやりとりです。「諦めた時に試合終了だ」という言葉に光子の生き方を感じました。私も自分に限界を作って諦めてなかったかな、と自分の人生まで振り返ってしまいました。笑

ちょうど転職活動期間で今までになかった無職期間で不安になってた私ですが光子に背中を押されて、ちょうど今履歴書を書いているところです。笑

主役の天海祐希さんの自然体な演技が好きで、出演されるドラマは欠かさず見ています。今回も天海さんにぴったりの役で毎話ウキウキします。

また、だんだんと距離が縮まる遠藤憲一さんとのやりとりがツボです。そして、私がこっそりと楽しみにしているのは料理人人生を悩む奥寺シェフが今後どうなっていくのか…9話が待ち遠しいです!

1週間に1度前向きな気持ちにさせてくれる、私の中で今一番楽しみにしているドラマです。

第8話


天海祐希さんのドラマって本当に痛快で爽快といった、見ていて元気になるドラマが多いと思います。このドラマもそういった、見た後にスッキリした気分になれるドラマだと思います。何よりも、明日も仕事頑張ろうといった、とてもプラスになる気持ちにさせてくれるのが良いと思います。

今回のドラマの舞台は、学校給食なのですが、学校給食って色んな制約があるんですね。天海祐希演じる星野光子は、実力はもとより、自由でプライドが高いシェフみたいなのですが、そんな自由なシェフが色々な制約のある学校給食でいかに、”最高においしい”給食を作るのかというストーリだと思いました。

第3話については、その学校給食で親子給食というものがあって、大人と子供に同じメニューを提供するのですが、味付けだけは、大人と子供では味覚が違うので、味付けを変えて提供しても良いという事だったのですが、そこを星野シェフは、同じ味付けで”おいしい”と言わせて見せると意気込んで頑張るという内容になります。そして、裏でも昔の職場であったレストランで親子で同じメニューを提供して欲しいとの依頼が...。

そして、この2つの料理の結果が今後の星野シェフの転職先にもかかわってくるのです。色々なことがおこり、それに対して星野シェフのプラス思考の行動がとっても面白く感じるドラマだと思います。今後も目が離せません。(私の気分転換の為にも。)

今すぐ動画を無料で見たい方は


動画は動画配信サービス"フジテレビオンデマンド"無料で見ることができます。
※過去ドラマは常時、最新ドラマなら放送後に。

⇒ FOD(フジテレビオンデマンド)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です