【スーパーサラリーマン左江内氏】ドラマ 動画 1~10話 最終回 無料視聴!見逃し

スーパーサラリーマン左江内氏

2017年1月14日(土)PM9時から放送されている新ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏(さえないし)』。

ドラマのタイトル、『スーパーサラリーマン左江内氏』を見ると、仕事ができるサラリーマンのお話?と思っていたのですが、どうなのでしょうか?その後に続く『左江内氏(さえないし)』と付くのも気になります。

『スーパーサラリーマン左江内氏(さえないし)』のあらすじと感想、第1話~最終回・10話(3月18日)の動画を無料視聴する方法を紹介しています。

動画を見る方法(公式で安全)


見逃し動画は動画配信サービス"Hulu"無料で見ることができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ Huluで今すぐ視聴


【スーパーサラリーマン左江内氏】第10話 最終回 3月18日


第10話 あらすじ


急遽課長の代わりに明日の接待ゴルフに行くことになってしまった佐江内氏。しかし家に帰ると、もやおが欲しがっているゲームが発売するのが明日だからと、ならんで買ってくるように言われます。

前の夜から並びましたが、ゴルフの時間に間に合わなくなるため諦めることにして接待へ向かう事に。

ゴルフを終えてゲームを探すものの、どこでも売り切れています。そんなときにSOSが聞こえてしまいますが、そっちに行ってたらゲームが余計に見つからなくなると思ってかけつけるのを迷ってしまいました。

でもすぐに思い直して飛んでいくと、小さな子供がベランダから落ちそうになって母親が必死に手をつかんでいました。ついに手がすべり子供は落ちてしまい、急いでとんだ佐江内氏の手も惜しいところでつかめません。

子供は落下し、その子をかかえて病院へ飛んでいく佐江内氏。その子は意識が戻らないままで、落ち込んで家に帰るのですが、ゲームを買えなかった事で責められてしまいます。

そこでついに佐江内氏は初めて本気で家族に怒鳴りました。

一人で外に出ると、自分にスーツを託した老人に会います。ヒーロー、家族、仕事の責任をかかえるのが嫌だと言う佐江内氏は、ヒーロースーツなどを返却してしまいます。

老人は全ての責任はこちらが持つと言って消えますが、次の日には仕事も家庭にも、自分のいた場所には米倉という男がすりかわっていて誰も自分を分からないのです。

佐江内氏は全ての責任から解放されたのでした。けれど、結局は自分からヒーローの道を選ぶのです。

第10話 感想


いつも出てくる佐藤二郎さんの意外な正体にもびっくりしましたが、今回の小池さんのネクタイが異常に長すぎていたのにも相当びっくりしましたが、なんとそこには誰も触れないまま終わるという所もクスッと笑えます。

地面にするびいているのに。わざわざ用意した小道具なのでしょうか。

しかし、米倉という名前だったのですね。実際に頭がきつそうで笑ってしまいました。

菅田将暉さんもとっても良かったですし、助けた子供も良い仕事をしていました!かわいいし、健気で偉い。

もやおもあれ位素直で感謝ができる子でいて欲しいものです。ただ、あの母親にして、それは無理でしょうか。

なんだかんだで、結局日々は変わらずある意味で平和に戻ったんだなぁというラストも良かったです。佐江内氏、ただただ器が大きい人でした。

【スーパーサラリーマン左江内氏】の動画を無料で見るには?


『スーパーサラリーマン左江内氏』は動画配信サービス”hulu”で全話を見放題で無料視聴することが可能です。
CMでもお馴染みで最近巷で大人気の動画配信サービス「 Hulu」で無料視聴することができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

【Hulu 人気タイトル】
  • 過保護のカホコ
  • 愛してたって、秘密はある。
  • ウチの夫は仕事ができない
  • わにとかげぎす
  • 脳にスマホが埋められた!
  • 有吉反省会
  • マツコ会議
  • 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
  • THE LAST COP/ラストコップ
  • ウォーキング・デッド 全シーズン
  • ガキの使い 笑ってはいけない~シリーズ

などなど、ドラマやバラエティ、たくさんの人気作品がスマホ・タブレット・PCで見れるのですが、全て【見放題】になっています!

とても使いやすいので、私の周りでも最近Hulu登録率がすごいです!

⇒ Huluで今すぐ視聴



※紹介している作品は、記事投稿時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。


【スーパーサラリーマン左江内氏】第9話 3月11日


第9話 あらすじ


蓑島課長が部長が任命されたという事で騒がしくなる職場。係長の佐江内は課長になれるかもと喜ぶものの、その職には他の課からきた島という男性が課長になるとのことでがっかりします。

家に帰ると、妻が蓑島の妻から電話で部長になるという話を聞いていたそうで、佐江内が課長になると思い込んで家族が喜んでしまうのでした。その様子をみて、課長は別の人がなるとは言い出せない佐江内。

信号を聞いて佐江内がスーパーマンになってかけつけると、割り込み客のトラブルが起こっていました。割り込みをした男の勝手な言い分に、今の自分が重なって男を痛め付けてしまい反省します。

家に帰ると、なんと昇進を祝い家族がサプライズパーティー。そこでやっと自分は課長になれないと伝えるのでした。

そんな時に、また信号が聞こえて変身してかけつけると強盗がお金持ちの家に押し入っています。なんとそのお金持ちは佐江内の勤める会社の社長でした。社長を助けた後に、ふと思いたち、忘却光線をオフにしてしまうのです。

仕事へ行くと社長から呼び出され、命の恩人の佐江内を部長にするという大抜擢!喜ぶ佐江内ですが、代わりに蓑島が役職を下げられる事が分かり悩み、ある計画を立ち上げることにしました。

第9話 感想


サプライズパーティーを開いてもらえたのに、そこで真実を話す展開は辛くなりました。

それでもその後、もし課長になっていたら自分も家事をやるようだったかもと慰めるような円子には不器用なりに優しさが感じられてほっとしました。

ラストシーンのお風呂を洗う佐江内も円子に物をぶつけられてる時、楽しそうにすらみえてなんだかほほえましかったです。なんだかんだ言っても仲良さそうでちょっとほっこりしました。

蓑島も奥さんに泣かれてたシーンは辛かったけど、最後は丸く収まって良かったです。

最後には話がまとまるから安心して観られるのもこのドラマの良い所。まあ、ひどく不敏だったりはしますが(笑)

それに今回も小池さんのシーンも笑えましたし。ムロツヨシさん、登場すると笑えて毎度楽しみです。

【スーパーサラリーマン左江内氏】第8話 3月4日


第8話 あらすじ


佐江内の父親の80歳になる誕生日に、円子に実家に家族で行きたいと頼み込みます。

ブランド物のバッグで手をうたれ、家族で栃木の実家へ。そこでは、車内での入念の打ち合わせもして、円子が良妻という事で家族で演じて過ごします。

そんな時、佐江内の耳に危険信号の音が。スーパーサラリーマンに変身して、現場に行ってみるとそこには自分と同じような服、同じような能力の人を発見しました。

女性のスーパーマン、スーパーウーマンがいて、二人は意気投合。自分だけかと思っていたから心強いと喜ぶ彼女。

実家にいると、またもや危険信号。かけつけると、そこには飛び降り自殺をしようとする人が。とめようとすると、なんと昨日のスーパーウーマンの桃子だったのです。

理由を聞き、話をしていくうちに、もう自殺はしないと言ってくれました。それなのに、またもや危険信号で飛んでいくと桃子が自殺をしようとしているのでした。

佐江内にとめられて、今度こそ自殺はもうしないと約束をします。栃木を後しにして、元の生活に戻る佐江内。

そして、スーパーサラリーマンになって工事現場の事故を食い止めようとしていました。一人の力では重すぎる物を支えきれず大ピンチ。突然、桃子が出現。手を貸してくれました。

第8話 感想


最初のサッカーの助っ人のシーンがなんとも気持ちが良い位でした。少林サッカーさながらの大活躍。スーパーサラリーマンパワーやはり凄いです。

仕事をしつつ、スーパーマンをやっているのは大変だと不憫になってしまいました。

桃子は、真面目で考え込んで思い詰めてしまうタイプ。自分でメンヘラとも言っていたけれど、同情してしまいます。

佐江内さんのように、物事を深く考えなかったり、ひきづらないタイプでないとやっていくのは相当厳しいはず。本当にすごい男です。ある意味才能。

二人が出会ったことで、心に自分だけではないという支えができそうな気がしますが。スーパーマンが、佐江内以外にも何人もいたというのは驚きでした。海外にもいるとは。

そして、もやおはばあばになついていて、こんな子供らしい可愛い所もあるのねとほほえましくも思いました。

【スーパーサラリーマン左江内氏】第7話 2月25日


第7話 あらすじ


海外のテロのニュースを観た佐江内氏は、自分が助けられたらと悲しみます。

その夜、酔った佐江内氏がその話を二人で飲みに来ていた池杉にしました。俺はヒーローはむいてないと言う佐江内に対して、変わりに自分がなると適当にあしらう池杉。

次の日、佐江内氏から渡されたヒーロースーツを着た池杉は飛べることに驚き、佐江内氏の話が本当だった事を知ります。

SOSの声が聞こえた池杉は耳鳴りとごまかそうとしますが、佐江内氏に言われて仕事中でもトイレとごまかして、火事で人助けをしてきました。

スーツの力は分かっていても、やはり火などは怖くて、佐江内さんはいつもこんなことをしているのかと驚きます。

その後も救うのは女性ばかりで、ヒーローの力で女性をナンパする池杉。起こった事故を解決しなかった事で、佐江内氏も池杉に不安を覚えていきます。

そんな佐江内をあしらい、また女性をナンパしているとその現場を彼女であるみちるにみられて大慌て。その現場にヒーロースーツを置いていってしまいます。

すると、そのスーツを何者かが持ち去ってしまい、なんと銀行から相次いでお金がなくなるニュースが。佐江内氏は何とかしようと行動に出ます。

第7話 感想


池杉がヒーローになったことで、佐江内氏がいつも大変な事、勇気があることを分かってくれたのが嬉しかったです。普通はそうはいかないはずですからね。そう思うと、笹野さん演じるあの謎の男は、ヒーローを選ぶ目があるのだなぁとも思えました。

池杉はおかしな人ではあるけど、人間らしさがあるというのも感じます。ヒーローになって、空をかけぬけて喜んだり、私的に透視能力を使ってみたり、彼女がいるのに落とせそうな女の子に手を出そうとしたり。前に佐江内氏の資料を隠したことにしてもそうですし。

でも、ちゃんと謝ったり、今回も佐江内にうながされれば人助けには行ってみたりしていて、まあ、悪い人ではないというのも分かります。

そして今回は、毎回楽しみにしている佐藤二朗さんの出番が少なめで、ちょっと寂しかったです。でもインパクトのある登場。

しかも、新聞も笑ってしまいました。次回はどんな仕事に就いているのでしょうか。

【スーパーサラリーマン左江内氏】第6話 2月18日


第6話 あらすじ


家族で水族館に遊びに行った佐江内一家。

楽しく遊んでいる時に爆弾が仕掛けられたとのことで、佐江内氏が爆弾捜しを小池刑事に協力することになり、家族にさんざんバカにされながらも今回も無事にスーパーマンとしてのお仕事を成功させます。

第6話 感想


相変わらず気の毒すぎる佐江内氏ですが。もうこのドラマを見ているとかわいそうになってしまうんですよね。

今週もまずは土曜日のプレゼンのシーン。私なら河口湖で一泊して富士急ハイランドで遊ぶ方が全然いいですけれどもね、家族に却下されて、もう「明日のジョー」みたいになってしまってましたけれど。

そして家族は横浜の八景島シーパラダイス、訳してシーパラに遊びに行きます。円子さん、これは・・なかなか反則なお姿で登場しましたが。

もうキョンキョンだから良いのか?とは思いますけれども、それにしてもキョンキョンだってもう結構なお年ですしね。びっくりしましていました。

そして「私が家でちゃんと子育てをしているから稼ぐ事ができるんとちゃうんかい」と訳のわからない事を言い出す始末。

相変わらずの円子さんですけれども、でも佐江内さん、愛しているんですよねこれが。ちょっと私には理解不能ですけれども。

でも最近はラストでは少しずつですが、円子さんが佐江内さんのことを実は大切に思っている?ようなところがちらほら見えるのでほっとしています。

さて、爆弾が仕掛けられた水族館ですが、この犯人、爆弾なんて作れるような人には見えませんでしたね~。犯人はラーメン屋の出前のお兄ちゃんでした。

なかなかのボケとつっこみで犯人は芸人だ、人力舎の芸人だって言っていましたね。面白かったです。

そしてなんとなんと池杉くんと蒲田さんがデートしていました。こんな偶然って。しかもこの二人ってそんな怪しい場面見たことなかったんですが。わからない物ですね。

そしてシーパラって最近人気なんですね。「タラレバ娘」の倫子ちゃんも最近シーパラでデートしてましたしね。

佐江内氏のスーパーマンが忘れられてしまうことっていい時もありますが、なんかかわいそうですよね。頑張っているのに。意外とかっこいいのに。

とどこまでも気の毒な佐江内氏さんでしたが、最後、「パパはもう帰ってこない」なんてもや夫が呟いたら、円子さん心配してましたね。

自由時間もあげたし、もっと素直になればいいのに・・・と思ってしまいました。

さて来週はなんとスーパーマン交代するのか?池杉くん大丈夫なのか?楽しみですね。という事で来週こそ少しでも円子さんが佐江内氏に優しくしてくれますように。と願ってやみません。

【スーパーサラリーマン左江内氏】第5話 2月11日


第5話 あらすじ


今回のお話は佐江内氏が不倫?そして離婚?これがキーワードです。

佐江内氏は上司を演じる高橋克実さんからある相談を持ちかけられます。同じ会社で部署が違う藤崎(本田翼)と不倫をしてしまったからどうしようという話でした。

この二人は夜一緒に飲みに行きました。そして、気づいたときには上司がベッドで一人で寝ており、藤崎はメモを置いて帰っていたということです。

当然上司は浮気してしまったと思います。結婚している上司役の高橋克実さんは50万を要求されました。佐江内氏には、藤崎と話してどうか穏便に事を済ませてほしいとお願いします。

そこで佐江内氏も居酒屋で藤崎と会って、話してみることにしました。

すると佐江内氏も部長の時と同じ状況に・・そう。佐江内氏もまた、記憶をなくし気づいたときにはベッドで寝ていて、藤崎からのメモが置かれていたのです。佐江内氏はとても困ります。自分も同じ過ちをしてしまったのだと。

しかも佐江内氏の場合はもう1度話をしようと藤崎を誘い、また同じ目にまた合ってしまいました。とても焦る佐江内氏。佐江内氏にも愛する家族がいます。藤崎に何もなかったことにしてくれ。と話すと100万要求されます。

佐江内氏が困っていると、今度は部下の賀来賢人さん演じる池杉から相談をされます。それは、ある女性とちょっと遊んだらしつこくて手切れ金を渡さないといけなくなったと・・また、50万。相手はまたも藤崎でした。

これを聞いた佐江内氏はさすがにおかしいと思い、スーパーマンになって藤崎の行動を追ってみました。すると、彼女がお金に困っていたことがわかりました。藤崎から事情を聞いて、納得。

そして浮気も不倫も何もなかったことも藤崎から聞きました。お金の件も不倫の件も一件落着ということです。

第5話 感想


今回は、佐江内氏が不倫をしてしまったかもしれないということにうなされて、夢を見る場面が結構出てきました。

藤崎が佐江内氏の自宅に押しかけてきて、奥さん役の小泉今日子さんに不倫がばれる、奥さんに離婚届を突き付けられる、子どももママについていくという場面や、奥さんが佐江内氏を刺す。など。

この夢であり妄想の部分も面白かったです。夢じゃなく、実際佐江内氏が本当に不倫をしたらきっと、こうなるんだろうなというのが思い浮かび結構現実的でした。

奥さん役の小泉今日子さんが私は毎回かわいくて好きなのですが、なんだかんだいって旦那さんの浮気を心配したり、夢にまで出てきてしまうあたりやっぱり好きなんだな。かわいいなと思いました。

そして、1番のお楽しみの佐藤二朗さん。今回も笑わせてくれました。何でマスクが鼻に?から始まり、堤さんにインド人の真似をさせてしまうところ。

そして一生懸命な堤さんが最高でした。子どもも私も1番の笑いどころでした。今回も楽しかったです、そして、佐江内氏一家が円満でよかったです!

【スーパーサラリーマン左江内氏】第4話 2月4日


第4話 あらすじ


栃木にできるレシャーランド併設する施設のプレゼンをやることになってしまった佐江内。

しかもプレゼンは3日後にやるという完全に不利な状態、落ちて当然なプレゼンと言われていましたがメンバーと共に頑張ろうと張り切ります。

家に帰ると妻から保護者同伴の遠足に行けと言われるのですが、遠足の日はプレゼンの日。

佐江内が、大事な仕事の日だと言っても、妻は、他の子のママとケンカして顔を合わせたくないのだと譲りません。

困っていると、スーツをくれた謎の男がコピーロボットを用意してくれます。

佐江内のコピーになってくれる人形ですが、3時間たつと元に戻ってしまうとのこと。

遠足へコピーロボットを行かせて、いざプレゼンへ。しかし、大切な資料が抜き取られていてパソコンのデータまで消されていて大ピンチ。

スーパーサラリーマンに変身して、会社のパソコンをみにいきますがやはり設計図は消されています。

焦る佐江内に、池杉が自分が犯人だと謝罪します。もともとは自分のミスでプレゼンをすることになったのに、そのプレゼンがうまくいったりしたら・・・と、自分の立場のためだったことを白状します。

プレゼン会場に戻り、設計図を紛失したと謝罪する佐江内でした。

第4話 感想


佐江内は、確かに冴えないかもしれないけどとても素敵な優しい男だと思います!

会社の社員が自分の仕事の邪魔をした事が分かっても、理由を聞いて、責めることもしないなんて。

すぐ人の気持ちによりそってしまうのかもしれない。でもだからこそ、こんなタイプの正義の味方が新鮮にも思えます。

自分のプレゼンがうまくいかなくても、他の会社にアドバイスをする。

そんな敵に塩を送りまくるような人柄だからこそ、今回は共同開発になったわけですし。ちょっと報われたのも嬉しくなりました。

そして池杉というこの男も、どういう人物なのかよくつかめない、なんかただの変なキャラかと思っていたら人間らしいこういう一面があるんだなと驚きがありました。

更にツッコミまくっていて笑えました。

ドラマのあちこちで言葉のチョイスや、間がクスッときます。

始めに、ムロさん演じる警察の小池さんが出てくるのが毎回楽しみです。

一緒にいる刈野も良いキャラしていてますし。次回も笑わせて欲しいです。

予告の感じから、次回は佐江内の妻への気持ちなどが聞けるのかもしれないのでそこが特に楽しみです。

【スーパーサラリーマン左江内氏】第3話 1月28日




第3話 あらすじ


佐江内家では、娘のはねこが明日はアイドルのオーディションだと盛り上がっていました。心配する佐江内は、反対したいけれど応援ムードの家族から相手にされません。

次の日、はねこはオーディションを受けに行き、佐江内はというと仕事で急に代理を頼まれますが、なんとその現場にははねこがオーディションを受けにるアイドルグループの不動のセンターと言われる真中ありさの姿が。

真中ありさは、佐江内が自分の仕事に関わりがないと分かると良い子ぶるのをやめ、本性を出します。彼女は佐江内をアゴで使うのです。

ありさは、はねこのうけるオーディションの最終審査の審査員でもあるらしいのですが佐江内の娘を応援しても良いと言います。しかしそれを遠慮する佐江内。

佐江内が仕事を終えて家に帰ると、はねこがオーディションの一次審査に受かった事を知り驚きます。

ありさに最終審査の審査でプッシュするという申し出を断ったことを話すと、激怒する妻。土下座して頼みこむように命令されます。

おこづかいをなくすとまで言われ次の日現場に行ってみると、ありさが佐江内を呼ぶように言ってると聞き驚くのですが、ただ使いぱしりがほしかったのです。

そこにありさの母親が来ましたが、二人の話を聞いてしまいありさが心配になる佐江内。

そして次の日の撮影現場に、なんとありさが姿をあらわしません。佐江内はスーパーサラリーマンに変身してありさを探すことに。

1億円でありさが誘拐されたことが分かり警察も動きますが、佐江内がありさを助けだしオーディションの仕事場へ送り届けます。

そこではねこの審査も見届けるのでした。

第3話 感想


人気アイドルの本性を見てしまったりひどいことを言われて、使いぱしりにされたりしていても、心配したり当たり前のように助けに向かう佐江内はお人好しな性格だからこんな理不尽なスーパーサラリーマンもやっていられるんだろうなと思いました。

相変わらずスーツを返そうとしたりしていますが、この人はもし変身出来なくなったら目の前に困っている人をみたら、助けたくなりスーツを返したことを後悔しそうな気もします。

そして今回も、相変わらずの恐妻家ぶりでした。このドラマを最初に観た時に気になって日テレのホームページでこのドラマの相関図をみてみたら佐江内の妻に対しての文字は恐いけど大好きと書いてあるので驚きました。

この夫婦ってお互いにきっと愛情はないんだろうな、と観ていて思っていたので愛があるならなんだか良かったと思ったのでした。今回、奥さんの事を言われて可愛いんですとも答えていましたし。

演じている小泉今日子さんのファンはどう思うのか少し気になります。私はイメージが変わりました。こういう嫌がられそうな役も引き受けるんだと、女優なんだなと改めて気がついた気がしました。

あんなに旦那に対して高圧的で冷たいのに、着ているルームウェアがふわふわのモコモコした可愛らしい感じなのが性格と対称的で印象的。

はねこともやおに対しては甘いけれど、たまにで良いからその甘さを少しわけて欲しい物です。

はねこはオーディションに落ちても、落ちた理由を自分は可愛すぎて、手が届かないと思われるタイプだからと言う強さもあり、母親に似ていると感じます。

したたかさもあるし、案外本当にアイドルに向いているかもしれないですね。

この夫婦がどう付き合って結婚したのかが、ドラマを観ていて一番の気になる部分です。

【スーパーサラリーマン左江内氏】第2話 1月21日


第2話 あらすじ


主人公はタイトルにもあり、苗字でもある左江内(冴えない)氏。

中年サラリーマンの彼は出世欲もさほどなく、なので仕事に対し熱意もない、部下の失敗を庇ってやるような頼り甲斐のある上司でもない。不甲斐ない彼は部下からもあきれられ、馬鹿にされ、その地位を奪ってやろうとする部下まで現れる始末。

建設会社に勤めるある一般家庭の普通のさえないサラリーマンがある日、知らないおじさんにスーパーマンのスーツを渡されスーパーマンにならないか?と言われます。

最初は断っていたものの急用ができスーツを使うことになりスーパーマンへと変身しました。

それからはスーパーマンになったということで、いろんな人達からの助けての声が聞こえてくるのでその都度、会社や家から抜け出しスーパーマンに変身し人助けへと向かいます。

小さい事件や大きい事件の様々な事件を解決しますが最終的にはその場にいた人達はスーパーマンが助けてくれたことを忘れるようになっているので、誰がスーパーマンかはバレません。

しかしそのおかげで、せっかく会社や家族を助けても感謝もされず怒られてしまったりと災難もありますがめげずにスーパーマンとして頑張っているところです。

そんな彼の家庭はといえば、奥さんには決して逆らえない、鬼嫁の妻に頭が上がらず家事のいっさいを左江内氏が受け持っている。

昼寝をしたりママ友とランチをしたりとやりたい放題の妻に、娘が忘れた弁当を学校に届けに行けと命じられても、恐ろしさのあまり文句のひとつも言えず、命令に従ってしまう。

そんな情けない父親を娘も息子も尊敬するはずもなく、二人も母親と一緒になって左江内氏を召使のようにこきつかう。

まったく冴えないおっさんの左江内氏、が、しかしそれはあくまでも表の顔、実は裏の顔があり、悪を退治するため日々奔走する彼は正義の味方、スーパーサラリーマンだったのです。

そして第2話は老夫婦が営んでいるもんじゃ焼き屋の土地の立ち退きを言われているが、昔から親しみのある土地なので立ち退きせずにマンションを建てることを決めますがその途端に落書きの嫌がらせが起きてしまいスーパーサラリーマンはどう対処するのかが見どころです。

ある日、家に帰ると息子のもや夫が合唱コンクールの指揮者に選ばれたことで円子は大はしゃぎ。仕事ではたまたま立ち寄ったもんじゃ屋の主人が、自分の土地にマンションを建てたいと話を持ってきます。

どっちも順風満帆かと思いきや、もんじゃ屋の店先に大量の落書きが描かれるといった問題が発生します。調べてみると、もんじゃ屋の周りの土地は都市開発の道路拡張計画に含まれていることが分かります。

それに対してもんじゃ屋の主人は「先祖代々の土地を離れたくない」と立ち退く意思は無く、そのためにもマンションをいいマンションを建ててほしいとお願いされます。

気持ちは分かるもののどうするかと考えながら帰宅すると、もや夫がワックスの塗ってある雲梯から落ちてけがをしたとのこと。それを聞いた円子は学校に言って怒鳴り散らしクラス全員に誤らせたと大威張りです。

しかし左江内氏はもや夫の部屋でワックスを見つけ、もや夫が自分でワックスを塗って怪我することで自分をからかうクラスの男子に仕返ししようとしたことが分かります。

クラスのみんなの前でもや夫に謝らせようとする左江内氏ですが、もや夫は謝ろうとしません。

そんな中、もんじゃ屋に落書きした犯人が分かります。犯人の若者は、もんじゃ屋の周りは道が狭くて救急車が入れず、そのために自分の祖母は死んだといいます。

そんな悲劇を少しでも減らそうと、いつまでも立ち退かないもんじゃ屋に嫌がらせをしていたのです。左江内氏はもんじゃ屋夫婦に「町全体のことを考えるとマンションを建てるのを辞めたほうがいい」といいます。

「自分たちが立ち退いたからって町は変わらない」という夫婦に対して、変身して空からの風景を見せる左江内氏。自分たちの町が変わったことを理解した夫婦は、マンションを建てるのを取りやめ立ち退くことにします。複雑なもののホッとする左江内氏。

合唱コンクールの日、もや夫は学校に行きたくないと部屋に立てこもります。左江内氏は変身してもや夫を無理やり部屋から出すと、そのまま学校まで飛んでいきます。

「悪いことをしていないのに謝る自分はカッコ悪いが、本当に悪いことをしたのに謝らないのはもっとかっこ悪い」と言う左江内氏。親子二人で謝ると、合唱の練習をさぼっていた男の子が出てきます。

彼が言うにはさぼっていたのは歌が下手だからだそうです。お互いに謝る二人。無事合唱コンクールは行わるのでした。

第2話 感想


と、言うわけではないのがこのドラマのミソで、左江内氏はホントーに、心底ダメサラリーマンで、正義感のカケラも無い!ところが、ある日怪しい老人から「スーパーマンになってみません?」なんて、スーパーマンもどきのダサいスーツを渡され、なんとそれを着れば空を飛べる!というチョー便利さについつい着たのが運の尽き。

ややこしい事件にまきこまれ嫌々ながらヒーローを演じる羽目に。しかし、所詮左江内(冴えない)サラリーマンの彼、本物のスーパーマンのように颯爽と現れ快刀乱麻事件解決とはならないのです。

なんといってもこのドラマの見所は配役で、二枚目の堤さんが冴えない中年サラリーマンをしっかり演じて、しかも安っぽいスーパーマンもどきのスーツを着させて彼を宙に飛ばそう(いるように見せよう)なんて演出、これまで誰も考えたことはなく、これはもうとんでもないお宝映像です。

今回のテーマは「立場が違えば見えてくるものも違う」ということでしょうか。歌が下手なのを隠すために合唱の練習をさぼっていたアキラ少年と、運動の苦手な自分をバカにして練習をさぼっているとおもったもや夫。

生まれ故郷を離れたくなく立ち退きに応じないどころかマンションを建てようとしたもんじゃ屋と、道を拡張して不幸を少しでも減らそうともんじゃ屋に嫌がらせをした青年。どの人にもそれぞれ事情があり、その結果間違ったことをしていました。

少年たちはお互いに謝って解決しましたが、もんじゃ屋の夫婦は結果として生まれ育った土地を離れることとなりました。左江内氏がいかにスーパーパワーを持っていても、すべての問題にベストな解決をできるわけではないのです。

このことは、冒頭の新聞配達員とジュースを持った人の衝突によりダメになった新聞紙に対して左江内氏が何もできなかったことからもわかります。必要なのは、お互いの立場を尊重しあい少しでもベターな選択を探すことではないでしょうか。

また、立場の違いといえば「左江内氏」と「左江内氏の周りの人々」のことも言えます。左江内氏としては日々スーパーパワーで困った人を助けたり、目の前の問題を解決したりしていますが周りの人からは肝心な時にいつもいない人扱いになっています。

現状としてヒーローとして全く報われていない左江内氏ですが、無償の奉仕こそスーパーヒーローの本質ですので、今後ともぜひ頑張ってほしいです。

いろんな有名人がキャストに起用されていて、さえないサラリーマンの主人公役に堤真一さん、その妻役に小泉今日子さんが起用されています。

可愛らしい小泉今日子さんなのに役柄は寝てばかりの家事はろくにしない怖い鬼嫁で、その妻にボロカスに言われても逆らえずいつも怒られシュンとしているのがカッコイイ堤真一さんっていうのが、まず見ていておもしろいところで何度も笑ってしまいます。

小泉今日子さん演じる鬼嫁が絶品。顎で夫を使う小悪魔的な意地悪さはまんざら演技とも思えず、これが地かと、ホレ直してしまいます。

他にも、ある時はカラオケ店員、あるときはバッティングセンターの従業員の佐藤二朗さんもアドリブとしか思えない演技にシビれます。

堤真一さんの後輩の部下役に賀来賢人さんが起用されていて、そのキャラもコミカルな動きが多くとてもおもしろい人物です。

怪しい老人役の笹野さんも上司役の高橋克実さんもいいい味だしているし、刑事役のムロツヨシさんは、まんまムロさんだし、部下の賀来賢人くんの陰険さも光っています。

2話目の話しに出てきた老夫婦の問題は立ち退きを言われているが立ち退きたくないからそこにマンションを建て住み続けたいということで、そのマンションの建設をお願いされたので最初はいい話だと言うことで計画予定でしたが嫌がらせをされ犯人を突き止めたところ、立ち退かないから嫌がらせをしたと言うことでした。

その理由を聞いたスーパーサラリーマンは嫌がらせをした人が言っていることも老夫婦が言っていることもわかるからと、自分の立場を考えずお互いの公平な立場を考えてもっともいい方法を見つけその問題を解決していくことになるのですが、自分の立場は顧みず損得考えずに相手の立場になって考えるところはスーパーサラリーマンのさえないさんらしくて良かったなと思いました。

私はコメディタッチで全員の役柄もおもろしくて毎回笑わせてもらっています。

そして最後のエンディングでみんなでダンスをしていて楽しいです。逃げ恥ダンスブーム以来ダンスが流行っているのでしょうか。

鬼嫁に左江内氏が勝利する日がくるのか、今後の展開に期待しています。

【スーパーサラリーマン左江内氏】第1話 1月14日



第1話 あらすじ


ごく一般的な中年男性・堤真一演じる左江内氏は家事もしないちょっと暴力的な妻円子(小泉今日子)と思春期の娘はね子(島崎遥香)とおしゃまな息子もや夫(横山歩)との家族4人で暮らし、家事も仕事もぐだくだな左江内氏でありました。

勇敢で男らしいとは真逆の性格で責任を負わされるのが大嫌いな性格です。

ある日老人男性(笹野高史)が左江内氏の前に現れ「スーパーマンにならないか、これを着ると助けを求める人の声が聞こえる、スーパーマンの姿を見たものはしばらくするとその記憶は消える」と言いスーツを置いていきました。

娘はね子が弁当を忘れたのをきっかけに左江内氏は度々スーツを着て人助けをするようになります。

人助けに飛び回る左江内氏、数々の事件現場に変わった刑事・小池(ムロツヨシ)がいて記憶が消える度に小池の手柄になります。

たくさんの助けを求める声の中にある1つの強盗事件を見過ごしてしまい、その犯人が偶然にもはね子の通う学校のクラス一同を人質にたてこもります。

奮闘する左江内氏、無事に皆を助けることに成功するが皆の記憶からその事は消え、娘からもまたいつものように反抗されます。

のらりくらりとしながらもこれからもスーパーマンを続けて2話へ続きます。

第1話 感想


このドラマを見てみようと思ったのは堤真一さんのファンだからです。役者の幅が広くて孤高のメス・容疑者Xの献身・クライマーズハイなどシリアスな役から舞台・蜉蝣峠のような少しおちゃらけも入った役もこなす俳優さんです。

今回のこの役は単純に情けなくてこんな人いるよねって思わせる人柄に、絶対ありえないでしょっていう非日常のアクションなどスーパーマンぶりが合わさって、超コミカルでちょっぴり真剣なモードも入ってます、こんな役もできるんだなぁと感心しました。

出演者全員のリズムがコミカルで独特のテンポがあります。

また小泉今日子の鬼嫁役がたまりませんでした。寝てばかりいる嫁さんで意外にも彼女にぴったりハマっていて、こういう人近所にいるわね~っと思わせてくれます。

マンハッタンラブストーリーでのコメディな感じの役も好きだったんですが今回のこの役どころもすごく好きです。

キャスト全体的にみて今すごく話題の人とか超イケメン俳優とかいう人は出演されていないですが、何とも言えない良い味わいを出す役者さんたちが揃っていると思いました。

キザなようなすっとぼけた刑事役のムロツヨシさんに、スーツを渡す意味不明な老人役の笹野高史さんなど、意外にもコメディタッチに馴染んでいた左江内氏の部下役の賀来賢人さんの濃い~役柄もいいです。

見始めるまでは本当に面白いのかなって少し不安だったんですけど、見終わるころには絶対2話もみるぞという感じでした。

ストレスなく楽しめて嫌なことがあっても忘れちゃいそうなドラマです。

たくさんそんなのありえないでしょっていうシーンがあって、ひとりでノリつっこみしながらみてしまいました。

リラックスしてただ単純に笑えて幸福感が残るドラマです、こういうドラマって必要だなと感じます。

【スーパーサラリーマン左江内氏】の動画を無料で見るには?


『スーパーサラリーマン左江内氏』は動画配信サービス”hulu”で全話を見放題で無料視聴することが可能です。
CMでもお馴染みで最近巷で大人気の動画配信サービス「 Hulu」で無料視聴することができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

【Hulu 人気タイトル】
  • 過保護のカホコ
  • 愛してたって、秘密はある。
  • ウチの夫は仕事ができない
  • わにとかげぎす
  • 脳にスマホが埋められた!
  • 有吉反省会
  • マツコ会議
  • 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
  • THE LAST COP/ラストコップ
  • ウォーキング・デッド 全シーズン
  • ガキの使い 笑ってはいけない~シリーズ

などなど、ドラマやバラエティ、たくさんの人気作品がスマホ・タブレット・PCで見れるのですが、全て【見放題】になっています!

とても使いやすいので、私の周りでも最近Hulu登録率がすごいです!

⇒ Huluで今すぐ視聴



※紹介している作品は、記事投稿時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。


【スーパーサラリーマン左江内氏】放送前情報


このドラマは、原作が藤子・F・不二雄さんが描かれた作品がドラマ化された物語となっています。

日本を誇る素晴らしい漫画家さんの作品とあって、ドラマになるとどんな感じになるのか期待が膨らみます。

気になる『左江内氏』とは一体何の事なのでしょうか?


主人公、左江内(堤真一さん)は52歳の生真面目なサラリーマンです。あ、左江内はお名前だったのですね。

左江内さんの家族構成は小泉今日子さん演じる円子50歳、はね子16歳、もや夫8歳の4人家族です。

小心者の左江内は、妻の円子が自分に厳しい恐妻家の為、恐いという気持ちを持ちながらも内心では妻を愛している男性です。


恐妻家で例え鬼嫁であったとしても、これだけ美人の奥さんだったら、愛されますよねー。小泉さんは台本を読んだ時に思ったよりも鬼嫁でしたと語っていらっしゃるので、かなりの恐妻家ぶりを発揮して下さると思います。


左江内は、長女のはね子の事を何かと心配していますが、娘は16歳という多感な時期だからでしょうか?お父さんをウザい存在だと感じています。

謎の怪しい男が左江内に近付きスーパーマンになれるというスーツを渡すのですが、迷惑に思っている左江内はそれが嬉しくなくほぼ強制的に押し付けられて渋々ながら譲り受けてしまいます。

ある日、娘が危機的状況になったのを見掛けてしまうことで、最初はスーパーマンになれるとは全く信じていなかった左江内でしたがスーツを着ることになるのです。


堤真一さんは、このドラマで何度も着ることになるスーパーマンの衣装を着用時に最初の頃は恥ずかしい気持ちだったそうですが、今では慣れてしっかり着こなされていらっしゃるのではないでしょうか?。

ドラマ関係者の方々が堤さんの着ている衣装を見ても普通に話ができている事に堤さんは逆に違和感を感じられていたそうですが、小泉今日子さんは堤さんの衣装を似合っていてカッコイイと言われたそうですよ!


16歳で高校生の娘はAKB48のメンバー、ぱるるの愛称で親しまれている島崎遥香さんです。AKB48ファンで特にぱるる推しメンファンの方にはドラマ出演は嬉しいですね。


真面目に生きている中年サラリーマンの左江内氏はスーパーマンらしく、正義とは何か?幸せとは何か?平和って何だろう?と考えながら日々頑張っていますが、会社では思いついた事をすぐに無茶ぶりしてくる上司、自分を飛び越えて出世しようと考える部下、左江内を頼りにならないなぁといつも思っている部下など社内の人間関係にも注目してドラマを観たいです。

会社でそのような扱いを受けているなんて世の中のお父さんは辛いですね。それでも家族の為に働いてくれてるんですから、家庭だけには癒されたいと左江内氏は思わないのでしょうか?

左江内には相談事をよく持ち掛ける正体不明のフリーターや、左江内にスーツを渡した正体が分からない老人、手柄を毎回譲ってもらうことになる警察官が登場するので、更にドラマを盛り上がると思います。

もしスーパーマンが身近にいたら、皆さんはどのような時に登場してもらいたいですか?

【スーパーサラリーマン左江内氏】キャスト


左江内・・・堤真一
円子 ・・・小泉今日子
小池 ・・・ムロツヨシ
はね子・・・島崎遥香
池杉 ・・・ 賀来賢人
蒲田 ・・・ 早見あかり
刈野 ・・・ 中村倫也
もや夫・・・横山歩(子役)
木手 ・・・福島マリコ
下山 ・・・富山えり子
さやか・・・金澤美穂
サブロー・・・犬飼貴丈
米倉 ・・・佐藤二郎
老人 ・・・笹野高史
簑島 ・・・高橋克実

【スーパーサラリーマン左江内氏】主題歌


三代目J Soul Brothersの新曲「Happy?」です。



又、こちらのドラマのオリジナル・サウンドトラックは瀬川英史さんで2017年3月1日に発売されます。

動画を見る方法(公式で安全)


見逃し動画は動画配信サービス"Hulu"無料で見ることができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ Huluで今すぐ視聴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です