【ドクターX(2016)】最終回 11話の動画はこちらから!

ドクターX 4期

今期で4期目の米倉涼子さん主演のドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~(2016)』。平均視聴率が20%を超えるという超人気ドラマです!

最終回となった第11話のネタバレあらすじと感想、見逃し配信の動画を今すぐに見れる方法も紹介しています。

【ドクターX 4期】動画を今すぐ視聴する方法


『ドクターX』は動画配信サービス”U-NEXT”で視聴することが可能です。

動画の視聴にはポイントがかかりますが、U-NEXTの登録時にポイントがもらえるのでそれを使えば今すぐ見れちゃいます!
最新国内ドラマを見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。

スマホ・タブレット・PCでいつでも動画を見ることができるので、テレビの放送時間に合わせて慌てて家に帰る必要もありません♪


【U-NEXT 人気ドラマタイトル】


  • 君の名は
  • 愛してたって、秘密はある。
  • 僕たちがやりました
  • ハロー張りネズミ
  • 過保護のカホコ
  • 黒革の手帖
  • 脳にスマホが埋められた
  • ごめん、愛してる
  • あいの結婚相談所
  • カンナさーん!
などなど、最新のドラマを多く扱っているのがU-NEXTの特徴です。


今ならU-NEXT登録から31日間は無料です。

他にも映画、ドラマ、アニメ等、日本最大級の12万本もの作品が配信されているので私は毎日動画を見て楽しんでます♪

⇒ 31日間無料で動画を見る


【ドクターX 4期】あらすじ


最終回 第11話


突然倒れた博美は、救急車で、東帝大学病院に運ばれる。 特別室に入院した博美に、未知子は「私に切らせて」と言うが、博美は、切除不能な局所進行性膵がんのステージ4Aを患っており、さすがの未知子でもオペは難しいようだ。

博美はすでに死ぬ覚悟を決めていた。「娘の舞にお金を残したい。上海の病院で、がっぽり契約金をふんだくって死ぬつもり。病気のこと、ばれないように協力してほしい」と未知子に話す博美。

そんな時、超VIPの患者、アメリカ次期大統領のスコップ夫妻が東帝大に入院してくる。 同じく王超に引き抜かれた北野と、仲良さそうな博美に未知子は不快感を覚えるのだった。

ある日、カンファレンスで北野は、博美と同じ、局所進行性膵がんを患った、スコップのオペをIREナイフを使って、行うと発表。 当初、北野のオペは、気が乗らないと断っていた未知子だが、IREナイフを使うと聞いた途端、が然やる気になり、第3助手を務めることにする。

スコップのオペが行われるが、手術中、博美は苦しそうな表情を浮かべる。それを見ていた未知子は、手術後、IREナイフを盗み出す。

改めて、「私に切らせて」と博美に言う未知子。博美は「どんな危険なオペか、私が一番よくわかっているから、怖い」と言って、泣き崩れる。そんな博美に未知子は「大丈夫、私失敗しないので」と力強く言うのだった。

午前3時、病院のオペ室を秘密で借りて、博美のオペが行われる。スピーディーかつ的確なオペをする未知子だが、 「このまま続けると、電流に心臓が耐えられない」と麻酔医に言われてしまう。未知子は、目に涙をいっぱいためながら、「これ以上は…」と絶句。やむなく、インオペにするのだった。

手術後、目を覚ました博美に「全部は取り除けなかった」と落胆した表情で言う未知子。博美は「世界一信頼している大門先生に切ってもらえただけで十分」と話す。

IREナイフを盗んだことで、未知子を警察に突き出すという黄川田だが、おとがめなしにするという蛭間。 蛭間はその代わり、王超紹介のセレブのオペをタダでやるよう未知子に命じる。 未知子はその条件を承諾し、「今年いっぱい、城之内先生を特別室にいさせて」と自らの条件を蛭間に突きつける。

病気のため、博美の契約は白紙になってしまう。お金が欲しい未知子は「私が上海に行く」と王超に申し出る。300万を要求する未知子だが、王超はそれを3億と勘違い、未知子はつまみ出されてしまう。

東帝大では、王超に引き抜かれ、辞表を出す医師たちが続出していた。怒った蛭間は「今後、医局の中から退職する人間が出たら、辞めてもらう」と黄川田と西園寺に言い放つ。

手術後、博美は「今まで、舞にお金を残すことばかり考えてきたが、本当はもっと生きたい」と自分の気持ちを未知子に打ち明ける。そんな博美の姿に、どうしても博美を救いたいと強く思い、深夜まで資料に目を通す未知子だった。

そんなある日、舞が帰国し、未知子らは焼き肉パーティーを開く。その席で、舞に自分の病気のことを打ち明けようとする博美だが、舞の無邪気な様子に、博美は本当のことが言えなくなってしまう。

パーティーの最中、博美の様子を見た未知子は、「すぐに病院に行こう」と博美を連れ出す。検査をしてみると、博美の腫瘍は縮小していた。未知子が前のオペで、可能な限り腫瘍を切除したからだ。博美の腫瘍は、すぐに手術すれば完治できることになった。喜ぶ未知子と博美。

未知子は「すぐに手術させて」と蛭間に申し出るが、同じ時、スコップ婦人の陣痛が始まっていた。 東子は出産は病気ではないと、助産婦として、自ら出産に立ち会うことに。東子がオペ室を使えるようにしてくれたのだ。

聖なる夜、博美の緊急オペが行われる。加地は数千万の王超との契約をすっぽかして駆けつけ、未知子の助手を務める。オペ中、出血が止まらなくなってしまうが、そこに北野が突然現れ、北野もまた、未知子の助手をかって出る。 オペは無事成功。未知子は助手を務めてくれた加地らに感謝の言葉を言う。

年が明けて、王超グループの病院が開院。その開設式で、意気揚々とスピーチする北野だが、その病院の院長は、なんと東子だった。

一方、東帝大では、少なくなった医師の前で、新年の挨拶をする蛭間だったが、いきなり第16分院への左遷を命じられてしまう。そこに、神原が未知子の手術代の請求書を持って現れる。

権力を失った蛭間の前には、もはや誰もいなくなっていた。そんな中、未知子は、元気を取り戻した博美を見て、ほっと胸をなでおろす。

数日後、上海の東子から冷凍餃子が届く。だが、その配達員が胸を押さえていきなり倒れてしまう。そんな配達員の手当てをする未知子だった。

【ドクターX 4期】感想レビュー


最終回 第11話


蛭間と西園寺、黄川田のPPAPや、東帝大の歌を歌う姿がコミカルで、とても面白かったです。

こういった時事ネタがあるのも、このドラマの大きな魅力の一つです。西田敏行さんは「釣りバカ日誌」などで、コミカルな演技をよく見ますけど、生瀬勝久さんと吉田鋼太郎さんのコミカルな演技はあまり見たことがないので、このドラマならではな気がして、とても貴重だなと思いました。

久々に、未知子の「いたします」と、「御意」が聞けたという意味でも、貴重な最終回でした。何食わぬ顔でサラっと未知子が言う所がコミカルで面白いです。

東子がオペ室を空けてくれたシーンや、加地が数千万の契約を断って、未知子の助手を務めてくれたシーン、また、北野が現れ、未知子のオペを手伝ってくれたシーンでは、みんないいとこあるなとほっとしました。

未知子の最後のオペシーンでは、蛭間や西園寺らも、博美に心から助かってほしいという表情をしていて、最後に医者らしい顔が見れて良かったなと思いました。

1回目のオペで、「これ以上続けると博美の心臓がもたない」と麻酔医に言われた時、未知子が涙をいっぱいためて、「これ以上は」と言うシーンでは、私も「何とかならないの。助けてあげて」とハラハラして、胸がいっぱいになりました。

最後に、難しいオペを成功させたところは、やっぱり未知子は天才だなと頼もしい思いがしました。

これで終わりなんて寂しいです。「ドクターX」は、視聴率20%超えの人気ドラマなので、また是非、続編をやってほしいと思います。

動画を見る公式な方法


見逃し動画は放送後に動画配信サービス"U-NEXT"で見ることができます。

U-NEXTは登録から31日間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ 今すぐ動画を見たい方はコチラから


過去のあらすじ


第11話


前回の放送では内田有紀さんが演じる城之内博美が倒れた場面で終わってしまい、ちょっとちょっと大門未知子先生(米倉涼子さん)、城之内先生はどうなっちゃうのよー。と思いながら悶々とした1週間を過ごした方も多かったのではないでしょうか?

さて、今回ドクターXはついに最終回を迎えます。

今回ドクターX最終回、大門先生は自分の目の前で急に倒れてしまった城之内先生を救う為に救急車―と大声で叫びながら二人の職場である東帝大学病院へ運びます。

城之内先生が深刻な状況なのでは?と予想できましたが、果たして城之内先生の病名は何だったのでしょうか・・・?

大門先生は城之内先生の手術をすることになったのです。

城之内先生は、シングルマザーでお子さんを育てています。その状況を大門先生も知っていて、城之内先生がどれだけお子さんの為に頑張っているのかを理解しているだけに、病名を知っても何としてでも助けたいという思いでいっぱいです。

岸部一徳さん演じる所長の神原昌さんも手術を見守っていますが・・・。

第10話


大門未知子、神原晶、城之内博美の3人は城之内の娘の合格祈願を参拝している所に西園寺と若い妊婦の女性と2人一緒にいる事を未知子たちは目撃します。

ある日その妊婦女性十希子が入院してきます。十希子は僧帽弁狭窄症を発症している重症な患者だったのです。旦那の王がやってきて妻よりも子供優先にと頼まれますが未知子は母子供に助けると宣言します。

オペは未知子と北野先生2人の執刀でしたが、麻酔科の城之内の判断ミスにより胎児の心拍数が0になります。懸命な心臓マッサージにより母子ともに助かりオペは成功します。

城之内は未知子に「もう私のオペには入らないで」と言いますがそれには理由があったのです。

未知子は「他に隠してる事あるんじゃないの」と言いますが、城之内はその場から立ち去ります。未知はお追いかけて行きますがそこには娘と電話している城之内の姿が。

電話が終わると倒れこみ未知子が駆け寄ります。救急車を誰かに求めるので第10話は終了しました。

第1話


「ドクターX~外科医大門未知子」は、米倉涼子さん主演の大人気ドラマです。今回の10月期のドラマで、第4弾になります。

ドラマのあらすじをまとめてみると、ドラマは、権力を嫌い、群れを嫌う孤高の天才外科医、大門未知子が、東帝大学病院の副院長を務める久保東子に引き抜かれて、東帝大学病院に赴任するところから始まります。

東帝大学病院は、そのブランド力が落ちていました。院長の蛭間が汚い策略で前院長を追い出し、院長の座を掠め取ったばかりでした。

副院長の久保東子は、自分と兄を追い出した蛭間に強い恨みを抱き、蛭間を病院から追い出そうと、あの手この手の策略を巡らせます。

その策略に協力するよう未知子に命じますが、これまで、誰にも媚びず、どの組織にも属さず、ただ患者の命を救うことだけを第一に考えてきた未知子が、東子の言うことを聞くはずがありません。

未知子は、金と欲にまみれた東帝大学病院に鋭いメスを入れていきます。といった感じです。

ドラマの見どころは、「私失敗しないので」や、「いたしません」などの決め台詞で、金と欲にまみれた医師たちに、1人で戦いを挑み、次々と患者を救っていく未知子の痛快な姿です。

過去の感想


最終回とシリーズを通しての感想


『私失敗しないので』・『いたしません』・『請求書です』・『メロンです』

視聴者の皆さんは、ドクターXが放送されて何度聞いてきましたか?

もういいでしょっと思うくらいの回数を聞いているはずなのに、何故か大門先生や昌さんが言うと『そうですよね』『アハハきたーっ』と大門先生に『御意』と言いたくなる自分がいます。

演出される役者さんが毎回とにかく最強ですし、そりゃこれだけ人を惹きつける番組なんだから視聴率いいの当たり前だーと思いながら観ていた方も多いはずです。

私自身も例がいに漏れることなく、あぁ大門先生のようなお医者さんが日本に沢山いて下さっていたら・・・誰だって病気なんて怖くない!って思いながら観ていた視聴者の1人です。

城之内先生が手術が終わって目覚めた時に、大門先生に本当の事を言って・・・と言い、大門先生がまさかの『全部取り除けなかった』という言葉に視聴者の方々もビックリしてしまったのではないでしょうか?

さて、今回のシリーズは途中まで海老名外科部長(遠藤憲一さん)が出ていらっしゃらなかった事から、どうしてー?と思っていましたが、途中5話と6話で無事元気なお姿を拝見することもできましたし、蛭間院長との掛け合いも相変わらず素晴らしくもうパーフェクト番組です。

東帝大学病院で勤務している広報部長の南さん(草刈民代さん)、副院長の久保東子(泉ピン子さん)、外科部長の西園寺外科部長(吉田鋼太郎さん)、北野先生(滝藤賢一さん)、原先生(鈴木浩介さん)、そして加地准教授(勝村政信さん)他の出演者の方々の誰1人として個性がない人がいない!

こんな番組ありですか?って思っちゃいながら毎回観ていたのですが、同じように感じた視聴者の皆さんは大勢いらしたのではないでしょうか?

話が飛んでしまいましたが、ドラマの感想に戻ります。

北野先生は城之内先生に好意を持っていたようです。

城之内先生の病室を訪ね、大門先生に執刀を頼んだことにショックを受けています。なぜ私ではなく彼女に・・・という場面で城之内先生は、それは・・・(手術は)『大門先生の方がうまいから』・『奥様とお幸せに』と見事にフラれてしまった時は、すみません笑っちゃってしまった自分がいます。

その後、城之内先生がお子さんと皆で揃っている場面で食事を一口食べた時、大門先生が何か閃いて病院へ行こうと城之内先生に言いますが、その姿はもうリスペクトです。

良かったー城之内先生助かったよ!と思ったら、私自身思わずテレビに向かって拍手しちゃっていたのです。

はぁ・・・来週も番組があると勘違いして間違ってテレビ付けてしまいそうです。

長い感想文を読んでいただき、ありがとうございます。

最後になりましたが、ドクターXの新たなシリーズを楽しみにしています。

第10話


お参りの時の西園寺と十希子の2人がいる時は不倫かと思いました。東帝大学病院に西園寺と一緒にいた十希子が入院してきた時はビックリしました。その十希子は上海の超セレブの王超夫人で、妊娠中期で僧帽弁狭窄症を発症している重症な患者でした。

どうすればいいか困る西園寺ですが美知子は「どうするもこうするも切るしかないでしょう。この心臓オペ私にやらせて」と申し出ます。

美知子は十希子に今すぐオペをするように言いますが心臓の治療はせず子供の命を優先するように言われてしまいます。

旦那の王超もやってきて西園寺に十希子の命よりも王グループの大切な跡取りとなる子供の命を第一に考えるように言われてしまうのでした。旦那にそんな風に言われちゃうのは辛いですよね。

一方で美知子は十希子に西園寺の子なら王グループの大切な跡取りではないから話は別なのではないかと話しますが、西園寺とは不倫ではなく、ただ安産祈願のお守りをもらいに行くのに付き添ってもらっただけでだと判明します。

蛭間院長は王超の意向通り子供の命を優先するように言いますが、久保副院長は「妊婦さんファーストです。」と妊婦の命を優先するようにと言い合いが行われます。2人のやりとりが久しぶりに見れてなんか癒されました。

その後美知子は十希子にバルーンカテーテルによるPPMCを提案しますが、十希子は音楽を大音量でかけて聞かないようにしてしまいます。

その夜、美知子の元に久保副院長が現れ、何としてでも十希子に手術を受けさせたいと言い、城之内は王超は子供のためなら何でもやるので、まずは徹底的に子供のために検査を受けさせてみてはと提案します。

そこで未知子は気になっていた王と車で何を話していたかを聞きますが城之内は帝王切開になった時場合の話をしていただけと答えます。

翌日、美知子が十希子を検査すると、子供の胸部に巨大な腫瘍があることを突き止め、西園寺は王超に中絶して十希子に手術を受けさせるか、このまま子供がお腹の中で亡くなるのを待つか、どちらを選択するかを話します。

十希子は手術をすることになりますが、美知子は母体胎児同時手術をすれば両方救えると言い出し、1人でやるのは無理なため、誰かやらないかと声をかけますが北野先生が申し出て、手術をすることになります。

王超は莫大な財力を使って上海で病院経営にも乗り出そうとしており、北野先生と城之内を引き抜こうとしていることを美知子は晶さんから聞かされます。未知子は王と城之内が会っていたのが不倫ではなく、引き抜きであったことを知りました。

未知子と北野先生らによるオペが始まります。母体胎児同時手術中に城之内の判断ミスによって胎児は心停止し美知子が直接心臓マッサージで何とか胎児の心臓は動きだし、手術は無事に成功しました。

胎児の心拍数が0から回復するまで緊迫感すごかったですね。さすがの未知子も今回失敗しちゃうのかなぁってソワソワしてしまいました。

奇跡的に手術が成功してほんとよかったです。城之内が腰に手を当ててるシーンからかなり重症な病気なのかなぁって感じました。

その夜、美知子は「二度と私のオペには入らないで!他にも隠してることがあるんじゃないの?」と言われます。何かを悟った城之内は家から飛び出してしまいます。

結構きつめな言葉を言った未知子の涙目にはうるっときました。きっと城之内の変化を見抜いていたのでしょうね。

すぐに追いかけると城之内は娘と電話していて途中で倒れ込みます。

そこに追いかけてきていた美知子が駆けつけ、誰かに救急車を呼ぶよう求めたとこで10話は終わりました。切ないシーンでしたね。

第1話




ドラマ 「ドクター X~ 外科医大門未知子~」は、 今回で、すでに第4弾を迎え、平均視聴率が20%台を超える大人気ドラマです。

普通ドラマは、視聴率が10%を超えると、人気ドラマと呼ばれるので、平均的に、視聴率が20%を超えるというのは、すごいことだと思います。

私もこのドラマが好きで、毎回見ています。未知子の「私、失敗しないので」や、「致しません」の決め台詞に、胸がスカッとする思いがします。

私が好きなドラマのシーンは2つあります。

1つは、未知子が、手術が終わった後、患者の胸に優しく手を当てるシーンです。このシーンを見ると、未知子が本当に患者の命を救うことを第一に考えていることがよくわかります。

好きなシーン2つ目は、他の医師たちが院長の蛭間の回診の時、大名行列のように蛭間の後をついて歩いているのに対して、未知子は1人で、颯爽と、反対方向に歩いて行くシーンです。このシーンは、未知子が誰にも媚びず、自分の信じる道を突き進んでいる様子が象徴されていて、とても好きです。

また、手術では天才的な腕を発揮するのに、他の事にはほとんど関心がなく、食べる事ぐらいにしか興味を示さないキャラクターも痛快で、面白くて良いと思います。

未知子のミニスカートや、お医者さんとは思えない奇抜なファッションもかっこいいなと感じます。

スーパードクターといわれる人物や、外科部長などよりもはるかに手術がうまいのに、フリーターなので、大切に扱われないところも、共感の持てるところです。

ドラマでは、あまり注目を浴びていませんが、未知子と同じ医師紹介所に籍を置く、麻酔科医の城之内も、実は凄腕の麻酔科医で頼もしい存在です。

未知子も城之内も女性なので、このドラマは、女性の共感が多く得られているのではないかと思っています。

さらに、第4シリーズから加わった泉ピン子さんや、西田敏行さん、遠藤憲一さんなど、脇を固める俳優さんも、とても豪華で、個性的なのもこのドラマの魅力の1つだと思います。
最新国内ドラマを見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。

スマホ・タブレット・PCでいつでも動画を見ることができるので、テレビの放送時間に合わせて慌てて家に帰る必要もありません♪


【U-NEXT 人気ドラマタイトル】


  • 君の名は
  • 愛してたって、秘密はある。
  • 僕たちがやりました
  • ハロー張りネズミ
  • 過保護のカホコ
  • 黒革の手帖
  • 脳にスマホが埋められた
  • ごめん、愛してる
  • あいの結婚相談所
  • カンナさーん!
などなど、最新のドラマを多く扱っているのがU-NEXTの特徴です。


今ならU-NEXT登録から31日間は無料です。

他にも映画、ドラマ、アニメ等、日本最大級の12万本もの作品が配信されているので私は毎日動画を見て楽しんでます♪

⇒ 31日間無料で動画を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です