【マツコ会議】動画 2月25日 無料視聴 2月放送まとめ

マツコ会議

日本テレビ系列で毎週土曜日に放送されているバラエティ番組『マツコ会議』。2017年2月分の放送内容をまとめています。

2月25日の放送は「マツコを圧倒した強烈キャラのその後」。ネタバレ内容と感想、見逃し配信・未公開動画を無料視聴する方法を紹介しています。

動画を見る方法(公式で安全)


見逃し動画は動画配信サービス"Hulu"無料で見ることができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ Huluで今すぐ視聴


マツコ会議 2月25日『マツコを圧倒した強烈キャラのその後』


2月25日 あらすじ


マツコを圧倒した人を紹介!日常に密着します。

一人目は、2016年11月26日放送の原宿王になりたい、「マツコも認めた逸材!北澤ユウマさん」。

原宿のストリートスナップ撮影会には、撮影希望の高校生を中心とした行列が!その中でピカリと光る逸材が!それが「原宿王になりたい」大学生の北澤ユウマさんでした。

マツコからは、「邪心を捨てろ」とアドバイスをうけ、「全部捨てます。王になるためだったら。」ときっぱりと宣言する北澤ユウマさん。

逆に「原宿の王ってなに?」と質問すると、王の基準は「自分のさじ加減」とのこと。大笑いの中、「自分で王って思えよ!」と意見するマツコ。

「どうも僕です」と待ち合わせに登場し、渾身のファッションを大公開!

自宅に住まいの部屋には大好きな洋服が沢山。元祖原宿の王からは「服は目立ちたいから切る訳ではない」「頑張ってる感が出すぎていると」アドバイスされる。

二人目は、2016年12月10日放送「マツコも驚いた 会員数2,000人を超える『ハーフ会』創設者 アシフさん。」美女との怪しい密会に潜入します。

チャラさ炸裂の登場をしたのが創設者である、アシフさん。ハーフかと思いきや、パキスタン人だった!イケメンかかわいい子しか入れない、スタイルで1人で切り盛りする。

高校時代に「ハーフ会」をつくり、現在はバーテンダーのアルバイトをしながら、月に一度「ハーフ会」のイベントを開いている。

東京オリンピックが開催される、2020年を目標に「ハーフ会」で集まってあらゆる言語に対応できる「カフェ」を開きたいという大きな野望を持つ。

三人目は、2016年12月17日放送。洋服ブランド「エミリアウィズ」のデザインも手がけ、オーナーである、歌舞伎町No.1キャバ嬢 愛沢えみりさん。謎めいた私生活に密着します。

一日2,800万円を売り上げたことのある、人気キャバ嬢のど派手な私生活は、ビルが立ち並ぶ街並みを見下ろせる、広さ120平米1LDK、家賃90万円。

収納場所が足りなく、無造作に廊下に置かれた総額エルメスのバックたち。寝室には、マットだけで100万円のベッド。何気なく置かれている総額4,660万、ハリーウィンストンの宝石や時計の数々。

音楽を聴くためでなく、ファッションアイテムとして購入したシャネルのヘッドフォンは90万円。眺望が最高な寝室から繋がっているお風呂を大公開。

2月25日 感想


一人目の北澤ユウマさん。あれだけ個性的なキャラを持つ人は貴重です。

芸能活動に向いてそうな気がしました。外国人相手には、原宿の王へのさじ加減が甘いところが、くすっと笑えました。

王へは何かが足らなくて、多すぎるものがあるように思います。

余計なモノを剥ぎ取り、スマートになった時、人気が爆発しそうに思えました。

二人目のアシフさん。まさかの「ハーフじゃない」発言。マツコさんと一緒に驚き、つい突っ込んでしまいました(笑)

多言語に対応した、国籍フリーなカフェ、実現できたらとても素敵です!こういう、現実できそうな大きな夢を持った人の話は、聞いていて楽しかったです。

ぜひ、イケメンと美人・可愛い子のスタッフがいる「カフェ」を成功させてほしいです。

三人目の愛沢えみりさん。49歳のバブル時代を知る、個性的な主婦も通う、アパレルショップオーナーでもあるんですよね。

今の成功には、影で沢山の努力をしてきただろうに、それを微塵にもみせないところが素敵でした。

No.1キャバ嬢のさすがの話術や雰囲気に、マツコさんも少し翻弄されていましたね。

今回のスペシャルとても楽しかったです。HPで一晩で数百万使う常連さんのVTRも気になります!

【マツコ会議】動画を無料視聴するには


『マツコ会議』は動画配信サービス”hulu”で無料視聴することが可能です。

Huluではマツコがさらにディープに検索したいことをテレビ未公開動画として配信されています。こちらも必見です!
CMでもお馴染みで最近巷で大人気の動画配信サービス「 Hulu」で無料視聴することができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

【Hulu 人気タイトル】
  • 過保護のカホコ
  • 愛してたって、秘密はある。
  • ウチの夫は仕事ができない
  • わにとかげぎす
  • 脳にスマホが埋められた!
  • 有吉反省会
  • マツコ会議
  • 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
  • THE LAST COP/ラストコップ
  • ウォーキング・デッド 全シーズン
  • ガキの使い 笑ってはいけない~シリーズ

などなど、ドラマやバラエティ、たくさんの人気作品がスマホ・タブレット・PCで見れるのですが、全て【見放題】になっています!

とても使いやすいので、私の周りでも最近Hulu登録率がすごいです!

⇒ Huluで今すぐ視聴



※紹介している作品は、記事投稿時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。


マツコ会議 2月18日『マハラジャ』


2月18日 あらすじ


東京六本木マハラジャ(フライデーズの上階にあるビル)に中継に行く。今回の中継担当はオデブな福岡さん、マハラジャの案内をしてくれるのは金髪の女性。マツコガ早速「綺麗に脱色をしているわね~」とコメント!残念ながら女性の反応は今いち。

バブルの象徴「マハラジャ」。そこには、バブルを生き抜いてきた女性やバブルに憧れている女性などが集まっていました。

マハラジャは1984年に麻布十番にオープン。一日500人以上の人々が訪れていたバブルの象徴となるディスコです。そんなマハラジャが六本木に復活。

45歳 バツイチ子持ちの女性 えみこさんは健康ランドのようにディスコを利用し最近ではノンアルコールで6時間も踊っているそうです。

バブル時代のマハラジャにはVIPルームに石田純一さんがいたそうです。「アッシー」「メッシー」が3?5人位いたそうでお金を持って歩かず出会った人にご馳走して頂くシステムだったそうです。すごいです!笑

その後にインタビューした方、ひさのさん 50歳 も「マンション買ってあげるよ」など言われたり、お金を使う事がなかったそうです。一方ひさのさんのお友達はバブル時代は「ハウスマヌカン」と呼ばれるモデル兼販売員として活躍をしていたそうです。

テクノカットやアン・ルイスなどの髪型でいかしすぎた女性として男性からのあやかしはあまりなかったそうです。バブル時代の女性は色んな意味で戦っていたみたいです!笑

またバブルに憧れている若い方もマハラジャにいらしていました。25歳 外資系の銀行にお勤めの女性はバブルに憧れマハラジャなどのディスコに通うようになったそうです。

また34歳 アメリカ出身の女性ヘザーさんは、アメリカにいる頃から日本のアニメや音楽がすきで、ゲームセンターのダンスゲームがきっかけで日本に在住するため日本で仕事を探しいまはディスコに通うようになったそうです。

日本を盛り上げていきたいとおっしゃっていました。こちらのお二方はディスコで知り合いお友達になったそうです。

そしてマハラジャ六本木のVIPルームには みかこさん 建設会社の社長さんがいました。

GOLD RAUNNZIやDia tokyoなど様々なクラブの内装を手掛け100人ほどの職人さんを束ね、普段はつなぎを着て現場にでてお仕事をしている凄腕女社長さん。

広尾に住んでいて六本木を昔のバブルのように盛り上げる為に毎晩自転車で7、8軒クラブを回っているそうです。マツコさんの六本木にデビューを盛大に歓迎していました。

2月18日 感想


バブル時代って思っている以上にすごかったんですね。。。今の時代お金を持ち歩かないで遊ぶなんてありえないですよね。アッシー、メッシーなんていないと思います(涙)

羨ましい…というお言葉しか出ません。今回のマツコ会議で私が一番面白かったところは、はえみこさんのほうれい線のダンスのところです。笑

えみこさんはとてもお綺麗な方でスタイルも良くバブル時代はすごくモテていたんだなぁと思います。またヘザーさんのように外国の方が、日本のカルチャーがすきで日本に在住してくれたり盛り上げようしてくれたりすごくうれしいことだと思います。

バブル時代に戻るのは難しいですが、バブル時代のように日本が盛り上がってくれたら良いですよね。みかこさんの力で六本木から日本がまたバブルのように変わっていくのでしょうか。。。笑

女社長いわくバブル時代黒服の人達が今はディスコの社長になり、その人達と一緒に六本木を又盛り上げて行こうとしているという。同じバブル世代の私もちょっと感動する話だった。

女社長の会社のホームページもスタジオで検索するとピンクのつなぎを着た社長が出てきた。社長は「ミカコ」という名らしい。

マツコガ「中古マンションでも買ってミカコに頼んでみようかしら」と言う。絶対中古とか買わないよねって私は思いましたがどうでしょう。

のちにこの女社長を番組で追いかける事になり番組ホームページで紹介されたがミカコ社長かっこ良かった。私もリフォーム頼んじゃおうかしらって思いました。

次回はチャリでクラブを駆け回る女社長みかこさんに密着するという内容みたいです。来週も放送が楽しみですね♪

マツコ会議 2月11日『CA』


2月11日 あらすじ


マツコ主宰の会議番組で、今話題になっているスポットに潜入するバラエティー番組です。今回は、キャビンアテンダントの専門学校で、航空業界で話題のCAスクール『インターナショナルアカデミー』に潜入します。

航空業界の就職率99%、これまでに約1000人のCAを輩出しており全国から生徒が集まっているというスクールです。今、東京オリンピックに向けて、航空会社が採用人数を増やしていると業界内では言われ、熱いスポットとなっています。

レッスンをのぞいてみると『ウィスキー』と大きな声で言い続けるウィスキースマイル練習法を実践しているところで、これは口角が上がり、目が笑い、面接時の第一印象が良くなるという練習法でした。

先生がマツコさんにもアカデミーの服を着てほしいという一言から、CAの制服の話になり、バブル期の制服から今の制服事情・スカーフの本当の役割・給料事情・スクール生の夢も聞くことができます。

また、いろいろな訓練の中でクレーム対応を見せてもらうこととなるが、その生徒のクレームのつけ方が面白いと番組は盛り上がります。CAサイドへの注意としてはお客様と話すときのしゃがみ方、向き合う方向が違うといった指摘。

一方、クレーマーへマツコがコメントをしたのは、うまくクレームが出せる人は、それだけうまくクレーム対応できる人だと思うとフォローします。

先生のスパルタ指導はそのクレーム対応を後ろで観ている人達にもおよび、ただ見ているだけじゃなくてスマイルを絶やさない!と一喝し番組は終了します。

2月11日 感想


毎回驚かされるのは、マツコの知識の豊富さです。どんな現場に潜入しても専門的知識をちょこちょこ出し、現場の人とのコミュニケーションを盛り上げます。

現場の人のファッションセンスにコメントをしたり、表情や身振り手ぶりから性格を言い当てたりと、鋭い目線で現場の人のみならず、視聴者側も楽しく番組を観ることができます。

番組の内容は今流行っていること、人気のある店、話題の場所をネットで検索して決めているので、番組から最新の情報が得れる点も大変魅力です。

自分でも検索はできますが、偏りがなくあらゆるジャンルの内容を毎週観れるので、大変楽しみにしています。

マツコ会議 2月4日「今ドキ女子会」


2月4日 あらすじ


今回のマツコ会議では、イマドキ女子たちがどこで女子会をおこなっているのかを大調査します。

お料理教室などの趣味の教室で出会った仲間や大学の同級生など、気の合う仲間と、たとえば3時間の貸切プランですと乗車料金が6万円ほどとのことです。

割り勘でみんなでリムジンを貸切って優雅な時間を楽しむのがイマドキ女子会の流れだそうです。

リムジンの中では、アルコールも入り、キラキラネイルにキラキラヘア、そしてドレスアップしたいつもの自分と違う姿でみんな宴を楽しみます。

そして、もう一本は、成人式の前撮りで出会った女性の素性と古風な振袖姿を希望したマツコの願いを実現してくれる彼女の撮影現場に立ち会うというものです。

2月4日 感想


まず、某テレビドラマでは、タラレバ女子たちの集いの場といえば「居酒屋」というイメージですが、それとは正反対の何もかもがキラキラしたリムジン女子会に圧倒されてしまいました。

それと同時に、その費用が「親のお金」から出ている女子大生のコメントに、不快感というか、これからの日本の将来に悲壮感を感じてしまった大人の視聴者も多かったのではないでしょうか。

その後に続けてもう一本放送されたのが、20歳にして銀座のホステスをしている一人の大人な女性を特集したものです。

前半の女子大生たちと違って、上京してから、たとえ夜の世界であったとしても自分でしっかりと稼いで地に足をつけている彼女の姿に好感をもったのではないかと思います。

自分が輝きたいからと、お金の本当の価値もわからずに親のお金を湯水のごとくむやみに使って得た彼女たちの「美しさ」や「輝き」などはまがい物であり、すぐにメッキは剥がれてしまうものです。

それに対して、大人の厳しい世界で酸いも甘いも知って、しとやかで落ち着いている、内面から滲み出された本来の大人の「美しさ」をまとった20歳のホステスさんをぶつけてきた「マツコ会議」の構成の上手さに関心してしまいました。

マツコ会議 1月28日「女子高生」


1月28日 あらすじ


今回のマツコ会議は女子高生トレンド中継でした!東京ではなく他県に行って、そこの女子高生に今流行ってるものなどを聞く恒例化している企画です。

今回は名古屋のインスタ映えすると人気のカフェが中継場所となってます。

女子高生に人気なスピンズやWEGOなどのショップがある、東京でいう原宿的存在の、大須商店街にあるお店です。

吾妻茶寮という、100年以上続いている老舗の和のお店です。しかし、お店には現代的なインスタグラムに投稿するためのインスタパネルが置いています。

お店は和モダンな雰囲気で、お店の店員さんも美人な方が多くお年を召した方から高校生まで幅広い年齢層の方が来ていました。

やはり女子高生はインスタグラムに写真をアップするために来ているとのことでした。

インスタグラムで載せるために、スマホの写真だけではなく、一眼レフカメラやGoProなど様々な撮影機器を使っていました。様々な機器を買い集め総額17万使っている高校生もいました。今は写真だけだなく動画などをアップするようです。

様々なオシャレな写真を撮るためにチェキや撮れルンですなど、昔ながらの味のあるレトロな写真を撮るために昔ながらの機器がまたはやっているようです。

ファッション面でも80年代のものが流行っているようです。

1月28日 感想


今回の話はとても好きな回でした。

マツコの相手が女子高生でも容赦なく普段人が聞けないインスタグラムをする女子の本当の理由やフォローする相手をどう選んでいるのか、正直回答に困るような質問をズバズバ言っていて見てて気持ちよかったです。

今回お話をしていた女子高生(男子高生)たちはファッション面でも性格面でも多種多様なキャラクターがおり、それぞれの個性など悩みを聞いて容赦ないツッコミやコメントをしますが、やはりマツコの凄いところは、けしてその個性を否定するのではなく背中を押すようなコメントをしているところが見えて、とても感心しました。

動画を見る方法(公式で安全)


見逃し動画は動画配信サービス"Hulu"無料で見ることができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ Huluで今すぐ視聴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です