【メディカルチーム レディダヴィンチ】動画 最終回を無料で!パンドラより安心

メディカルチーム レディダヴィンチ

関西テレビ制作・フジテレビ系の「火曜21時ドラマ」枠で放送されているドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』。最終回となった第10話のあらすじと感想、動画を無料で視聴する方法を紹介しています。パンドラはウイルスの心配がありますが、公式で安心安全な方法です。

動画を見る公式な方法


見逃し動画は放送後に動画配信サービス"U-NEXT"で見ることができます。

U-NEXTは登録から31日間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ 今すぐ動画を見たい方はコチラから


【メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断】あらすじ


第10話 最終回


主人公橘志帆は偶然にも2年前の事故の時に自分の娘・真央の命と引き換えに助けた女の子藤原ひかりを患者として診る事になる。

実は事故以来橘は真央の幻覚を見る様になり心の安定を保っていた。幻覚の真央は常に橘が壁に当たっている時に現れては適格な助言をしてくれていた。

一方患者のひかりの容体は徐々に悪化。原因は脳のモヤモヤ病による脳梗塞だった。

手術の執刀を橘が申し出るが橘自身も脳動脈瘤の為執刀の許可が下りない。執刀するには自身の手術を優先する事と上司である岩倉葉子に告げられるが、脳動脈瘤を取ってしまうと真央の幻覚を見る事が出来なくなることから橘の葛藤が始まる。

また岩倉も橘の気持ちを優先して別の病院への転院も視野にぎりぎりまで橘の返事を待とうとする。

結局橘は幻覚の真央から「いつも私はここにいるよ」と胸を指さされ手術を受ける決意を固める。

無事手術は終了し、ひかりの手術に挑む橘は脳外科の名医という言葉通り手術を成功させる。

【メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断】感想レビュー


第10話 最終回


毎回、謎の少女が突然出て来ては主人公の橘にアドバイスをくれる設定だったので「この子は一体何だろう」という疑問がありました。回を重ねる毎にそれは橘以外には見えない幻覚なのだと気づいてこのドラマの奥深さがわかりました。

ある時は突然辺りが戦場の様になり、それが一瞬にして消え去りシーンが病院に代わる所も最終的には脳動脈瘤による幻覚は娘の姿だけでなくどんどん悪化していったのだと言う事を最終回でおさらいを含めた形で説明され、やっと納得できました。

最終話では自分の娘の命と引き換えに助けた女の子が病院へ運ばれてきて橘が背中の傷を見たとたん突然フラッシュバックが起こった所はこんな偶然がありえるのだろうかと思いつつもひょっとして娘の真央が助けてあげてほしいというメッセージだったのではないかと感じ、これが運命なんだと現実的になっている自分がいました。

面白い事ですがなぜか自身の経験でもこういう偶然って絶対にあると信じてます。

結果として全てのドラマのストーリー上の謎が解明され、幻覚の真央はいなくなってしまったけれど解析診断部で色々問題を抱えていたメンバーがお互いを尊重し合えるような良いチームに変わって行った事に最後の爽やかな印象へとつながりました。

あれほど外科へ戻りたがっていた新田雪野も医者は手術を成功させる事より、患者を治す事が大切とわかり顔の表情も変わって行く過程が良かったと思います。

最後には上司である岩倉葉子も院長を狙っていたはずなのに病院長の北畠から次期院長に推薦された事を聞いてもその誘いに乗ろうとしなかった事でまだまだ解析診断部はこのメンバーで続いていく事がわかり何とも喉越しのよい終わり方でした。

【メディカルチーム レディダヴィンチ】動画を無料視聴する方法


『メディカルチーム レディダヴィンチ』は動画配信サービス”U-NEXT”で無料視聴することが可能です。

動画の視聴にはポイントがかかりますが、登録時に付与されるポイントで実質無料で見ることが可能です。
最新国内ドラマを見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。

スマホ・タブレット・PCでいつでも動画を見ることができるので、テレビの放送時間に合わせて慌てて家に帰る必要もありません♪


【U-NEXT 人気ドラマタイトル】


  • 君の名は
  • 愛してたって、秘密はある。
  • 僕たちがやりました
  • ハロー張りネズミ
  • 過保護のカホコ
  • 黒革の手帖
  • 脳にスマホが埋められた
  • ごめん、愛してる
  • あいの結婚相談所
  • カンナさーん!
などなど、最新のドラマを多く扱っているのがU-NEXTの特徴です。


今ならU-NEXT登録から31日間は無料です。

他にも映画、ドラマ、アニメ等、日本最大級の12万本もの作品が配信されているので私は毎日動画を見て楽しんでます♪

⇒ 31日間無料で動画を見る


過去のあらすじ


第8話


8話は主人公の橘志帆さん(吉田羊)が休暇中に起こった原因不明の病気の診断をチームで解析診断する事になったのです。

患者さんは強面で有名な俳優さん(大和田伸也)で原因が分からず、腕の痛みから悪化してきて、時間が経つに連れ発赤が段々と広がってきていて何かの感染症ではないか疑いましたが、人食いバクテリヤにもし感染していたなら命の危機にもなります。

しかし俳優さんは、手を手術したりすれば仕事にも影響してくるし、手術を中々受けてくれません。そのバクテリヤだとすれば24時間以内に治療しなければ命を落としてしまいます。

怪我をした場所にチームの綾香さんが現場に行って原因を探しに出かけました。そこで井戸水を発見し、患者さんは持病があるのにそこに加えて、井戸水の汚染された自ら感染して原因がわかり治療して命の危機から逃れたのです。

休暇中の志帆さんは、亡くなっている娘の墓参りに来ていました。

第4話




ある日、北畠院長(高橋克典)の失脚をもくろむ葉子(伊藤 蘭)は、院長就任の前祝いに理事たちと老舗料亭『真田』を訪れる。そこで、病気を理由に隠居した大女将・静香(黒田福美)の見舞いに行きたいと申し出るも、女将の芽依(小西真奈美)に断られてしまう。

一方、通勤途中の志帆(吉田 羊)は、道端で雑草を食べている初老の女性に遭遇。探しに来た芽依から、この女性は若年性認知症だと教えられるが、保護する際に暴れたり、歩行障害が見られたりするなど様子がおかしいことに気付く。

すると偶然にも、解析診断部がその女性が入所している老人ホームへ訪問診療に行くことになり、志帆は綾香(吉岡里帆)に様子を見てくるように頼む。

やがて、その初老の女性こそが、葉子が面会を希望していた大女将の静香だと判明。どうやら、認知症を患った静香は以前から仲が悪かった嫁の芽依に厄介払いされたらしい。芽依に静香の診察を断られた志帆は葉子に口利きを頼むが、葉子は「立ち入るべきじゃない」と拒否。実際、芽依は以前に静香を旅行に誘った際、「時間がもったいない」と言われたことを今も許せずにいたのだ。

納得できない志帆は、密かに施設から静香を連れ出し勝手に診察。腕に強い脈を感じ、循環器系の病気を疑うが、乗り込んできた芽依に頬をたたかれ、葉子にも「あなたは患者さんの病気だけを見て、患者さんの人生がまるで見えていない」と叱責される。しかしその裏で、葉子もまた、静香の症状が気になっていた。

翌朝、静香が暴れた本当の理由に気付いた志帆は再び静香を連れ出すが、芽依の通報によって警察に連行される事態に。葉子が慌てて駆けつけると、志帆はパトカーの中から静香の眼を診るよう伝え、その言葉通りに静香を診察した葉子は、認知症の原因に気付く。

実は、静香の認知症や歩行障害は神経梅毒によるもので、暴れていたのも手足を触られ痛みを感じていたからだった。そしてついに、心臓や大動脈にも障害を起こして倒れてしまうが、高杉(小林且弥)の緊急手術によって何とか一命を取りとめる。

それでもなお、静香を許せないという芽依に、葉子は静香が自分に残された時間が少ないことを悟っていたのではないかと話す。そして、認知症で失われた記憶は取り戻せないとつらい宣告をするが、静香の本心を知った芽依は「大女将が忘れてしまったことは、私がずっと覚えていますから」と気丈に話し、ようやく2人のわだかまりが解ける。


過去の感想


第8話


患者さんの病気の原因を追究する為に色んな可能性から検査をし分析して治療をし、しかも原因が何かわからないときは外に出て怪我した場所まで行ったり、実際こんな風に解析診断部とかあるのだろうか?と思います。

しかもTVとは言え、先生方の服装が派手だし、圧化粧とかしている先生は見たことがありません。もう少し服装は先生らしい服装のセッティングにすればよかったのでわと最初1話見た時から思っていました。

もし本当にこんな風に患者さんの為にとことん病気が何なのか追究し治療してくれる先生がいる病院があれば病気で苦しむ人が居なくなるのではないのかなと、このドラマを診て思いました。みんな患者さんのことを考え親身になってくれこんな病院だったら、私が病気になってたら診てもらいたいとすら思えます。

主人公の羊さんの役がらがとても好きです。最所は、バラバラだったチームを1つにし、まとまりのある良いチームに変えたのも見どころだと思います。

また、本当は2年前に亡くなっている子供が志帆さんの前に現れてるのもなぜなのか凄く気になります。他の人には見えないのに。1話からずっとでてきて居るので。

最終回ではどんな風になるのか今から凄く楽しみです。ずっ手術をしてこなかった志帆さんが最終回では手術室に入ってどんな風にやり遂げるのかも見どころだと思います。

解析診断部を部代にした今回のドラマは見ていて本当にこんな病院があったらいいなあ!!と思えたしこんな風に実際病院の先生方は、一所懸命に患者さんのことを考えて治療してくださっているんだなとか思えるドラマでした。

最終回どうなるのか本当に楽しみです。病院物のドラマは良く見ているのですが、色んな事を経験でき勉強になり役に立っています。

第4話


何かと色々な患者さんの症状に首を突っ込み、本当の病気を見つけていくというのが、このドラマの流れだと思います。

第4話では、格式高い料亭の姑が認知症を患っていて、介護施設に入院中なのですが、その認知症という診断に誤りがあるのではないかと思った橘先生なのですが、嫁が診療の許可をしてくれず、なかなか病気の診断ができず四苦八苦という内容でした。

そして、診療を終えてこの嫁と姑の関係はどうなるのかな?といった点も見どころの一つかなと思いました。

私も、結婚し義両親と同居している身なので、このドラマをみながら、確かにこの姑の言い方はグサッとくるよな、とか色々な角度から楽しませていただきました。私はもう少し、嫁姑の問題感を楽しみたかったなとも思いました。

そして、たまに出てくる橘先生と少女とのやり取りについて、すこし話が進んできたところがあるように思えました。この少女とのやり取りや、橘先生と岩倉先生とのやりとり、北畠院長のひょうひょうとした感じ、今後の東光大学病院の行く末、気になる点がたくさんあります。

その中でも、橘先生がなぜ手術をしないのか、なぜ東光大学病院に来たのか、これからもその謎について見逃せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です