ドラマ【就活家族】見逃し 1~9話(最終回)動画を見るには?再放送

就活家族

1月12日からテレビ朝日系列で始まった新ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』。豪華キャストの共演と家族全員が就活をしながら様々なトラブルが家族全員を巻き込んでいく展開に注目です。

ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』第1話~9話(最終回)のネタバレあらすじと見逃し配信動画を見る方法を紹介しています。再放送(ないと思いますが…)を待たなくても見ることができます。

動画を見る公式な方法


見逃し動画は放送後に動画配信サービス"U-NEXT"で見ることができます。

U-NEXTは登録から31日間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ 今すぐ動画を見たい方はコチラから


【就活家族】第9話 最終回 3月9日


第9話 あらすじ


お父さんは急な銀行とのミーティングで家族最後の夕食会にも出席できず、家族が一つになるチャンスは失われてしまいました。

お母さんは花屋の社員寮に移り、娘さんは彼氏との同居を始めました。

そして息子さんも就活塾の塾長の部屋に間借りした家族バラバラの生活が始まってしまいました。

そんな時、以前勤めていた日本鉄鋼金属の会社の社長から、インドの新会社の社長就任の返事を求められますが。もう少し時間が欲しいと回答します。

ただ、インド行きのチケットは渡され、出発の日が近づいてきました。

息子さんはバイト先の出版社の仕事で就活塾の塾長が行ってきた悪事の証拠を突き止める一方、塾長には本当に障害を抱えた妹がいて福祉関係の思いが本当であることを知ります。

しかし、お父さんからのアドバイスで真実を伝えることを優先し、就活塾の塾長は逮捕されることになります。

また娘さんは、仕事への行き詰まりを感じながらも、店長からようやく認められ、デザイナーへの道が開けてきました。

娘さんは、彼氏の浮気を薄々感じ始めました。

お父さんが彼氏の浮気現場を見つけたことをきっかけに彼氏と別れる決意をします。

いよいよインドへの出発の日が来ました。

子供たちはお母さんのお店を訪れ、お父さんが子供たちの将来を助けたことを知り、ある決意をします。

その日の晩、お父さんは結局インドには行かず、日本に残っていました。

翌朝、お父さんは目を覚まし、庭に行くと、バラを植えているお母さんがいました。

驚いていると子供たちもやってきます。お父さんともう一回やり直すことを家族で再確認し、再スタートを切ることになりました。

第9話 感想


最後はドラマらしく、ハッピーエンドで終わりました。

第一話から見ていました。平穏な家族がドンドンと壊れていく様は本当に怖かったです。

特にお父さんの失職がバレるまでは、明日は自分もこうなるかも、とドキドキしていました。

先週までどんな結末になるのかわからなかったですが、良い終わり方で良かったと思います。

『就活家族~きっとうまくいく~』の動画を無料で見るには


『就活家族~きっとうまくいく~』は動画配信サービス”U-NEXT”で全話が配信されます。
最新国内ドラマを見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。

スマホ・タブレット・PCでいつでも動画を見ることができるので、テレビの放送時間に合わせて慌てて家に帰る必要もありません♪


【U-NEXT 人気ドラマタイトル】


  • 君の名は
  • 愛してたって、秘密はある。
  • 僕たちがやりました
  • ハロー張りネズミ
  • 過保護のカホコ
  • 黒革の手帖
  • 脳にスマホが埋められた
  • ごめん、愛してる
  • あいの結婚相談所
  • カンナさーん!
などなど、最新のドラマを多く扱っているのがU-NEXTの特徴です。


今ならU-NEXT登録から31日間は無料です。

他にも映画、ドラマ、アニメ等、日本最大級の12万本もの作品が配信されているので私は毎日動画を見て楽しんでます♪

⇒ 31日間無料で動画を見る


【就活家族】第8話 3月2日


第8話 あらすじ


お母さんは花屋での評価も高く、新サービスの担当も任されるようになりました。

娘さんも、憧れていたブティックに就職し、苦しみながらも仕事を行っています。

息子さんも、漸く就職活動のコツを覚え、就職が決まりそうです。バイト先の出版社からも新たな仕事を任されるようになります。

一方、就活塾の塾長から、「一緒に福祉の仕事をしよう」と持ち掛けられ、気分も上々です。

お父さんも個人コンサルタントとして徐々に顧客からの信頼を得てきます。

しかし、肝心の家族はバラバラなままです。

なんとかもう一度、家族一緒に生活したいという思いから、インドの新会社の社長への登用の話もまだ受諾できません。

また、お母さんは既に離婚を決意し、現在住んでいるマンションも売却も進めてしまっています。

そんな時、退職時、色々とお世話になった天谷さんが倒れたと聞き、病院に行きますが、そこで実は天谷さんは離婚していることを知ってしまいます。

そこで天谷さんから、家族の大切さを改めて諭され、再度家族再起をお父さんは目指すことを決意します。

子供たちも何とか両親を仲直りさせるべく、両親思い出のレストランで食事会を企画します。

食事会当日、レストランに向かうお父さんの前に川村さんが現れます。会社の社長から、急遽呼び出しがあり、迎えに来たのです。

ここで社長の下に行かないとインドの新会社の社長就任の話が無くなる、と川村さんから諭されますが、家族との食事会を優先させることを川村さんに告げます。

しかし、天谷さんから急遽銀行に行って融資の打合せをして欲しい、と連絡があります。これは断れずに家族には、遅れて夕食会に行く、と伝えます。

銀行のミーティングが終わり慌ててレストランに向かいますが、その時、もう家族はそのレストランを去っていました。

第8話 感想①


お父さんの秘密主義の言動にも問題があるかもしれませんが、お父さんの家族の愛をちゃんと理解し、お母さん、もう少し、冷静に包容力をもってお父さんに接して欲しいと思いました。

今回はお母さんがわがままに見えてしまいました。もう一回、家族が一つになる日がくるんでしょうかね。

しかし、日本のお父さんは辛いですね。

【就活家族】第7話 2月23日


第7話 あらすじ


お母さんはアルバイト先の花屋さんで評価され、正社員のお話がありました。

また息子さんも、名古屋の会社から内々定がでました。ただし、名古屋勤務になる可能性があり、入社しようか迷っている状況です。

娘さんは、素敵なブティックを見つけ、デザイナーとして就職させて欲しい、とそのお店のオーナーにお願いしたところ、一回は断られましたが、もう一回頼み込んだところ、「見習いなら」とお話がありました。

ただ、給料が10万円ということで、入社は決めていません。

一方、お父さんは、木村多江さんとの浮気が原因で会社を辞めたことが家族にバレてしまい、家族、特にお母さんとの関係はギクシャクしたままです。

さらに新居に木村多江さんが来たこともお母さんにバレてしまい、夫婦関係はさらに悪化します。

就活塾の塾長に浮気のネタで恐喝され、障碍者施設の助成金目的で後輩の国会議員を紹介する羽目になり、仕事の方でももう一つ乗り切れません。

家庭内でもお母さんとの関係は良好になることはなく、お父さんは一人、新居に出て行ってしまいます。

そんな両親を仲直りすべく、娘さんと息子さんは、娘さんの彼氏を自宅に呼んで、パーティーを行い両親に仲直りのきっかけを作ろうと考えます。

パーティーの日、家族と彼氏が一同に会しますが、お父さんは彼氏と喧嘩してしまい、結局夫婦は仲直りできなくなります。

なんとか、もう一回家族を一つにしたい、と思うお父さんでしたが、突然以前の会社の社長からお呼び出しがあり、インドの新会社の社長になることを打診されました。

第7話 感想


前回は家族全員失業状態で生活がどうなるのか、というところでしたが、今回みんなそれぞれに就職が決まりつつあります。

しかし、肝心の家族がバラバラになりそうです。

来週は最終章です。家族がそれぞれの道を歩み、家族がそれぞれに幸せを築き、こんな形でも家族は家族だ、という感じのハッピーエンドとするのでしょうかね。すごく楽しみです。

【就活家族】第6話 2月16日


第6話 あらすじ


お父さんの退職もばれて、お母さんと娘も退職し、息子は内定ももらえずと、家族全員無職になった富川家。母親は家の事もせずに友人と温泉旅行に出かけてしまいます。

その間も父、洋輔は仕事を探しているのですが、同級生からコンサルタント料をもらったことで、就職ではなくて会社を立ち上げることを思いつきます。

母水希は就職活動をはじめるのですが、やはり上手くはいきません。そしてまたしてもホストクラブに行ってまさき君にこっぴどく追い返されてしまいます。

そして、家を訪ねてきた川村優子と話をすることになりますが、川村優子が洋輔と同じ時計をしていることを知り、不倫を疑います。

さらに洋輔は新たに川村との不倫疑惑で国原に脅される羽目になってしまいます。

第6話 あらすじ


今週は弟君だけは少しまともでしたが、あとの3人は・・・。でもこの家族、なんだかんだと言ってもお父さんはあまりうるさくないし、いつまでも怒っているわけでもないし優しいんですよね。お母さんも子供に八つ当たりとかしないし。なので朝食シーンてほのぼのしちゃったりします。実際に仕事がなくても借金があっても笑って家族でご飯食べている家族っているんですよね。

それにしても最初あの汚いキッチンを放っておいて悪気もなく「行ってきます」と温泉旅行に行ってしまうお母さんを見た時にはびっくりしましたが。こんなことが許される家もあるんだなと。

節約しなければならない時に知らなかったとはいえホストで何十万も使い、知ってからも温泉旅行に行ってしまう呑気な母親。そして就職が上手くいかなくてまたまたホストに行ってしまいます。

もう他人事ですが、お金あるのかよ~と心配してしまいます。そしてお客さんと喋っているホストにむかって「まさきくん」などと声をかけてしまう。順番待ちなさい、商品なんですから。

そしてまさかの「あれは嘘」発言をくらい、息子にあんなみじめな姿を見られてしまうという大失態。

娘は娘で新居でまさかの父親とご対面。あんなところを見られたら私なら家に帰れませんが、この娘は意外と平気で朝ごはんを一緒に食べちゃうんですよね。感心します。父ちゃんも一晩寝たら怒ってないし。

そしてこの家族をどんどん窮地に追いやる国原と川村優子。この国原みたいな人に一度狙われてしまったらもう逃げ場がないような気がしてきて怖くなりました。こんな恐ろしい人を自分の後輩の政治家に紹介してしまうという「自分がよければ」精神の洋輔にも更にびっくり。

そしてそして、川村優子のような人に好かれてしまった洋輔の悲運に同情してしまう6話でした。

【就活家族】第5話 2月9日


第5話 あらすじ


新しい就職先が依然としてきまらない父はとりあえず清掃のバイトを始めたのですが、娘の職場のビルの掃除をすることになってしまいます。

そこで娘が父親に似た人を見かけたと疑い始め、弟に後をつけるように頼みます。そして昼間からパチンコをしている父を見てしまいます。

母はホストに完全にはまってしまい通うようになります。それを生徒にみられ、学校に言われて問題になり学校を退職することに。

息子は内定をけってアルバイト先の出版会社での仕事に没頭しますが、最終的には見込みなしと言われます。娘はいやな上司にタンカを切って退職することになります。

全員が無職となったところでやっと父親は自分が会社を退職していた事を家族に告げます。

第5話 感想①


この家族ちょっとみんなおかしすぎですよね。もうやっと白状したかお父さんっという感じですが。

無職のくせに節約もせず、酒ばかり飲んでいるお父さん。最近やっとバイトを始めたのでよかったのですが。

ホストクラブで一晩で10万も使ってもまだ懲りずに通ってしまうお母さん。まあ自分で働いたお金なのでいいのかな?

働いているにも関わらず家の金を30万も盗んで、挙句の果てに会社をやめる娘。実家暮らしなので仕方ないかな?

学生の分際で30万も借金して詐欺にひっかかり、それに気づかない息子。そろそろ塾長の怪しさに気づいたのかしら?ともう全員が変な家族になってきましたね。

そしてお父さんは、妙にプライドが高い。自分の歳を考えたらそもそもが左遷されても会社にいるべきだったにもかかわらず、未だかつてプライドが捨てきれない。

せっかく友人が救いの手を差し伸べてくれているのに。でも、友人と一緒に働きたくないって気持ちはわかりますけれどもね。

お母さんもあの状況で「ホストクラブよ」なんて捨て台詞を吐いて出て行ってしまうし。あれ、帰ってこられるのでしょうか?

いよいよ壊れてしまった家族ですが、普通のお宅ならこれで離婚するなんて話はよくありますね。どうやって絆を取り戻していくのでしょうか?

そして最後にはもう一人様子のおかしい「川村優子」さん。もうどうしようもないですね。少し呆れてしまいましたよ。

ホストとお母さんの今後がとても楽しみです。

第5話 感想②


5話では光がアルバイトで行っている出版社で編集長に認められ、ひとつの記事を任されるようになるがそれに時間を割いている間に内定をもらっている会社の研修に行けず就活塾の国原に叱られる。

その事で立場が危うくなりせめてこっちはと出版社の方に力を入れるも前回よりも悪いと言われどん底に落ちる光を見ていると今の日本の就活生の実態を見ている感じがして共感しました。

妻でもあり母親でもあるはずの水希が最初は1回だけと決めていたはずのホストクラブでの遊び。けど学校での自分のしている正しい事を校長に認めてもらえずストレスが溜まりついホスト遊びを繰り返してしまう様はあまり見ないはずの光景なのに見ているこちらはなぜかすんなり受け入れられるのが不思議です。

息子の光同様、頑張りが認めてもらえないというのは同じような感情になってしまいました。

洋輔は同級生である久美の店の社長になってくれという願ってもない好条件の話を一度は受け入れるも今まで違う仕事をしてきた自分が入るような場所じゃないと拒否してしまう。

一流企業を退社してまだ就職先が決まっていないのにそんな事を考えられるなんてありえないですね。普通はふたつ返事で承諾してしまいます。

そんな夫婦ふたりそれぞれの秘密が共にバレてしまった回でしたがもう修羅場でしたね。

自分の予定していたタイミングでない時に退社してた事を打ち明けた洋輔に対して家族は呆然。当然そうなるでしょうね。

呆れて水希はまたホストクラブへ。遂に色々と展開が変わってきた5話でした。これからどうなるか更に楽しみになりました。

【就活家族】第4話 2月2日


就活家族4話

第4話 あらすじ


洋輔(三浦友和)は同窓会で再会した久美 (キムラ緑子)から、彼女が経営する洋菓子店の海外進出について相談を受けます。

優子の叔父の会社に入れる見込みがなくなった洋輔は公園仲間の五郎(段田安則)から紹介されたビル清掃のバイトも始めます。

ホストクラブに行ったことで気分が明るくなった水希(黒木瞳)ですが、元生徒にこれ以上関わるなと言う校長と対立を深めます。

栞(前田敦子)は雄斗(渡辺大)をめぐって上司の綾子 (山本未来)と三角関係に。仕事でもさらにきつく当たられるようになり、退社を考えるようになります。

栞からのアドバイスを受けた光(工藤阿須加)はやりたいことをやろうと決意し月刊誌の編集部でアルバイトを始めます。

洋輔はついに家族に失業したことを打ち明ける決心をしますが、栞と水希からそれぞれ今の仕事を辞めるつもりだと聞かされてしまいます。

第4話 感想


洋輔がなかなか辛い毎日を送っていました。ハローワークでは、一流企業で働いていた洋輔の認識が甘いことがわかります。

洋輔以外の家族はみな、最後は洋輔を経済的な柱として頼っているので、自分が仕事を辞めても何とか大丈夫でしょ、と思っています。

「何とかなるさ」と強がっている洋輔が可哀想になってきました。父親が一家の大黒柱であるという考えに、家族だけでなく洋輔自身もとらわれてしまっているんですよね。

学生時代の友人、久美が経営する会社にうまく入り込めれば良いような気もしましたが、そううまく話が進むでしょうか?

ひょんなことから光の就活塾の塾長、国原(新井浩文)に日鉄鋼を辞めたことを知られ、それをネタに今後も利用されそうな気配です。

光が希望の出版社でバイトし始めて、編集長に見込まれている様子なのが唯一の明るい材料です。このままうまく行って欲しいですがどうなることでしょう。

ところでこの富川家、洋輔は一流企業勤務でしたが家を買うタイミングがちょっと遅すぎるような気がします。

次回はついに洋輔の失業を家族が知ることになりそうです。富川家の人々がピンチをどう切り抜けていくのか、目が離せません。

【就活家族】第3話 1月26日


就活家族3話

第3話 あらすじ


洋輔(三浦友和)は優子 (木村多江)の叔父の会社に入社が決まります。お祝いにと腕時計をプレゼントする優子。水希(黒木瞳)はその様子を見て不審に思います。

水希は内申書を取り違えた生徒の家を訪ねますが父親に受け入れてもらえません。

光(工藤阿須加)はある会社から内定をもらいます。洋輔が調べたところその会社はブラック企業だとわかり、光を止めますが言うことを聞きません。

栞(前田敦子)は売上を上げるために婚活パーティーに行くことになります。そこで知り合った医師に高価なネックレスをもらい、ドライブに出かけますが、その医師は栞が営業目的で来ていることを見抜いていて、襲いかかろうとします。

水希は校長から内申書取り違えの件で訴訟になりそうだと言われます。生徒の家を再び訪ねますが、不本意で入った学校でいじめに遭い、全校生徒の前で裸にさせられた辛さを知るために水希も裸になることを要求されます。

どうしても光のことが心配な洋輔は就活塾を訪ねますが塾長(新井浩文)と口論になります。ふとした隙に入社予定だった会社から頼まれていた社外秘の報告書を盗み見られ、窮地に陥る洋輔。

全裸は免れたものの、暗い気持ちで歩く水希はふと足を止めたホストクラブにふらふらと入っていってしまいます。その姿を洋輔が偶然目撃していました。

第3話 感想


エリート一家の話ということであまり親近感が持てそうにないなーと思いながら見ていましたが、家族の間の気持ちのすれ違いはどの家庭にもありそうなことで、引き込まれてしまいました。

家族の誰も、わざとそうしようと思って行動しているわけではないのですが、ふとしたタイミングの悪さが積み重なっていくうちにだんだん誤解が生まれていってしまうんですよね。

洋輔は水希の話を聞こうとはしていましたが、そのたびに電話が入ったりトラブルがあったりして聞けませんでした。

親子の関係についても、洋輔は彼なりに子供を心配しているのですが、光や栞からして見ると何を今さら、という感じなのでしょうね。特に光はエリートの洋輔にコンプレックスがあって、自分を父親と比べて焦っているように見えます。

洋輔が常に上から目線でものを言うので、反発したくもなりますよね。一方で洋輔も父親としての威厳を見せたいという気持ちがあるような気がします。ドラマとして見ているとどちらの立場もわかるので、歯がゆいような気持ちになりました。

このドラマでは企業の姿というのも描かれていて、これが全部本当だったら怖いなという感じです。怪しい就活塾、そこと手を組んでいるらしいブラック企業、栞の勤める会社の営業スタイル…。

また謎の人物たちもいて、優子はいったい何を考えているのかとらえどころがなくて怖いですし、洋輔の公園仲間の男性(段田安則)も正体はいったい?という存在です。

富川家の人たちが少しずつ階段を踏み外していっているこの「就活家族」、次回も目が離せません。

【就活家族】第2話 1月19日


就活家族2話

第2話 あらすじ


富川洋輔(三浦友和)は川村優子(木村多江)から覚えの無いセクハラで訴えられました。

何度違うことを説明しても、執拗で、会社内でも噂として広がり、ついに自宅待機となる。実は、常務に昇格予定の綿引が関わっていたのだ。

公園で新聞を読んでいると、社長から電話で呼び出されると、孫会社に片道切符で出向を告げられ、洋輔は、思わず退職することを決断、”自分の路は自分で切り開きます”と告げて立ち去った。

洋輔は、いままでの築いた人脈をたどり、あたってみるが、日鉄鋼という看板を失った洋輔には、次の就職先は見つからなかい。

光は国原就活塾に通い、教材1万円をさらに交わされ、塾の指導の社会福祉活動として募金活動をしている。

妻の水希は、数年前に、同じ名前の学生を取り違えてしまったことが判明し、校長に事態のおさめるように言われます。取り違えた学生の家に謝罪したが、、その学生はひきこもり中、怒鳴られて、門前払いをされてしまいました。

栞は、新しい部署に移ったが、実績が上がらず、このままでは戦力外となると上司から言われます。上司に一緒に婚活パーティーにつれていかれ、セレブ相手に営業を命じられます。

洋輔は、公園にいると、天谷五郎に再び声を掛けられ、天谷は、あした妻に本当のことを言う。そして、これからは、趣味に生きる。一緒にどうかと誘われるが、断った。

洋輔は、川村優子に会うことをお願いし、恥を忍んで叔父さんの会社を紹介をお願いした。

光は、ようやく一次面談を通過することができた。

第2話 感想


富川洋輔がついに退社をして、いままでの人脈で、再就職先を当たっていくがことごとく不調となり、日鉄鋼という大会社の看板が故のいままでと築かされる。

思い余って、セクハラで訴えられた川村優子の叔父の会社への斡旋を依頼するところが、行き詰った洋輔の波乱万丈の今後を示唆していた。

川村優子と不倫の関係にいくのかの雰囲気が漂っていたが。妻の水希は、同じ名前の学生の取り違えの責任を取らされ、雇用延長の話がなくなるかもしれない状況にある。

このまま、退職すれば、将来再就職先をさがすことになるのか。

栞は、心機一転し部署を変わるが、そこでも実績があげられず、悪戦苦闘している。上司には、枕営業も等」いわれており、このままこの会社にとどまるのか。

光は、怪しげな就活塾に入り、いろいろあやしげな指導を受けながらも、ようやく一次面談を通過した。少し、未来に向かって歩み始めた感じがする。

洋輔、光は就活まっ最中である。水希は、いずれ再就職活動になるのか。

栞は、今の会社に居続けるのか、次の会社に就活するのか。自分の家を持とうとしている最中のリストラは、家庭経済の破たんを意味するが、4人の就活で突破するのか、今後の展開が楽しみである。

気になるのは、公園で声をかけてきた、天谷五郎(段田安則)である。一癖も二癖もある演技は、これで終わりではなさそうだ。良いほうに絡んでくるのか、詐欺らしきものに絡んで来るのか気になるところである。

洋輔の父は植木職人で、継いでほしかったようだが、こうゆう事態になると、手に職を持っていることが強味だな~と感じた。

【就活家族】第1話 1月12日


第1話 あらすじ




主人公の富川洋介は、日本鉄鋼金属の人事部長で、新入社員の採用や社員のリストラなど責任の重い仕事を任されていた。

ある日、洋輔は、以前、面接で不合格にした学生の誠から「面接を受け直させてくれ」といきなり話しかけられる。同じ頃、高校教師をしている洋輔の妻、水希は、生徒からの信頼も厚いため、雇用の延長を提案される。

そんな中、洋輔の元に、結婚を理由に退社を願い出ていた社員の川村優子から「結婚が破談になったので、会社に残りたい」と電話がかかる。優子の申し出をやんわり断るよ洋輔だが、優子は、「信じていますよ」と念押しして電話を切る。

会社のリストラは難航しており、洋輔は常務の織部に「退職金上乗せなどの救済措置はできないか」と提案するが、常務からは「洋輔を役員に迎え入れる用意がある。今の仕事をきっちりやってくれ」と発破をかけられる。

そんなある日、長男の光は、電車の中で痴漢を目撃。捕まえようとするが、被害者の女性から、逆に痴漢と間違われてしまう。連絡を受けて駆けつけた水希は、現場を再現し、「これは冤罪だ。あなた達に損害賠償を請求しますよ」と強い口調で言い、光を助ける。

ある夜、洋輔は、優子の送別会をさせてくれと優子と飲みに行く。飲み会で洋輔と2ショット写真を撮ってもらう優子だった。帰宅後、洋介が水希に役員昇格を報告すると、水希は喜び、「家を買いたい」と言い出す。

そんな中、洋輔の会社で問題が起きる。やまと銀行の加藤頭取が、息子が入社面談で落ちたことで、心証を害しているという。

日本鉄鋼にとって、やまと銀行からの融資は今どうしても必要だった。そのため、洋輔は「加藤の息子、誠をどうしても採用しろ」と社長から命じられる。

誠は、前に洋輔に「面談を受け直させて欲しい」と話しかけてきた青年だった。以前の面接で、態度の悪い誠を「君のような人間はうちには必要ない」と、洋輔は、バッサリ切り捨てていたのだ。

一方、退職勧告を受けた社員からは、退職勧告の取り消しを訴えかけられていた。メールを見て、洋輔の会社にやってきた誠に、「もう一度話をさせてほしい」と申し出る洋輔。そんな洋輔に、誠は「それでは車で迎えに来てくれ」と横柄な態度をとる。

その様子を見ていた光は、がっかりして街を歩いていた。そんな時、就活塾を開いている国原という男が、光に声をかけてくる。その塾に入るには、30万円の大金が必要で、光は「親に相談してみる」と答える。だが、国原は、「親に頼らなきゃ何もできないのか」強い言葉で光を罵倒する。

一方、誠は、車の中でも横柄な態度をとり、「ライバル会社に呼ばれている。特別待遇を約束されている」と言って、 ライバル会社の面接に行ってしまう。それを必死に引き止める洋輔だった。

洋輔は、誠から入社の意思が感じられず、自分たちを右往左往せて楽しんでいるようにしか見えないことから、常務に、海外銀行のリストを渡し、やまと銀行からの融資を諦めるよう提案する。

家では、法事用にとっておいた30万円がなくなる。就活塾のパンフレットを見つけた洋輔は驚き、「今すぐ入塾を取り消せ」と光に言う。そんな洋輔に、光は反発。「志とか立派なことを言ってても、やることは全然違うじゃないか」とくってかかる。

結局、誠は、日鉄鋼への入社を断ってきた。誠の居場所を突き止め、 洋輔は「うちに入社してほしい」と頼む。すると、誠は、土下座して「私の目は節穴でした 私は人間のクズです。社員もクズの集まりです」と言うよう強要する。

土下座する洋輔。だが、「社員もクズの集まりです」とはどうしても言えなかった。堪忍袋の緒が切れた洋輔は「 グズはお前だよ。お前なんかこっちから願い下げだ!」と誠に言い放つ。

意外にも、やまと銀行は融資を引き受けてくれることになった。ほっとする洋輔。

しかし、また新たな問題が…。 優子が「洋輔からセクハラを受けた。堕胎手術をした」と内部告発したというのだ。

あまりのことに驚く洋輔に 「身の潔白を証明しろ」と常務は言う。でなければ、洋輔は役員どころか、社員の立場も危うくなるのだ。あわてて、優子に電話をかける洋輔だった。

一方、栞は、法事用のお金を洋介からせしめ、先輩の真壁とバーでキスをしていた。

第1話 感想


サラリーマンが外で働くって、こんなにも大変なことなのかということを痛感させられました。男は外に出れば、7人の敵がいると言いますが、男性は、血の滲むような努力をして毎日働いているのだなと思い、働く男性への尊敬の気持ちが強くなりました。

誠は本当に最低な奴ですね。親子ほどの年の離れた洋輔に、車で迎えに来させておいて、ライバル会社に行ってしまったり、土下座して「私は人間のクズです」と言わせようとしたり。

親の権威を利用して、人の弱みにつけ込み、親くらい歳の離れた目上の人に、やりたい放題なんて、ありえない!と、見ていて腹が立ちました。そんな誠に「人間のクズはお前だ」と言い放った洋輔に、 胸がスカッとする思いがしました。

社長の命令に逆らうことになるので、それを言うのには、洋介も 勇気がいっただろうなと思いますが、よく言ってくれたとスッキリしました。

それにしても女は怖いですね。事実無根の話で、上司をセクハラで訴えるなんて。洋輔の気を引くためか、または、話を聞いてくれない洋輔への仕返しのつもりなのでしょうが、本当に怖いです。

木村多江さん、少し影のある悪女役がよく似合うんですよね。まさに、はまり役といった感じです。

次回は、見に覚えのないセクハラで、会社に居場所のなくなってしまった洋輔をはじめ、怪しい就活塾にお金を支払ってしまった光、家の大事なお金をかすめ取って、男遊びをしている栞、それぞれが皆、問題を抱えて、転落が加速しそうです。

予想もできないような問題が次々と起こり、先が読めないハラハラするストーリー展開で、とても見応えがあるドラマです。

『就活家族~きっとうまくいく~』関連記事


【就活家族】第1話 動画を見る
【就活家族】主題歌(林部智史)とロケ地について
【就活家族】あらすじ キャスト 成宮寛貴の代役は?

動画を見る公式な方法


見逃し動画は放送後に動画配信サービス"U-NEXT"で見ることができます。

U-NEXTは登録から31日間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ 今すぐ動画を見たい方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です