【東京タラレバ娘】キャストがひどいと批判が!?

東京タラレバ娘

『東京タラレバ娘』の原作ファンが、ドラマ化されるキャストが「ひどい!」と不満?

2017年1月18日(水)PM10時より日テレから放送されるのは、東京タラレバ娘の新ドラマで、主人公の鎌田倫子は吉高由里子さんが演じます。ドラマの原作は、東村アキコさんが描く人気コミックで、累計発行部数が260万部を超えるという超話題作なのです。

ところが、今回ドラマ化される東京タラレバ娘のキャストの事でインターネット上では原作を知る人達から避難されたり、キャスティングミスでは?と困惑している人もいるようです。

動画を見る方法(公式で安全)


見逃し動画は動画配信サービス"Hulu"無料で見ることができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ Huluで今すぐ視聴


『東京タラレバ娘』ドラマ版にネット上の声


ネットでも話題となっている東京タラレバ娘のドラマ化されるキャストへの批判は、どのようなことが原因で起こっているのでしょうか?原作を知る方々の中には、ドラマ化を楽しみにしていた人が多いことが分かります。


『東京タラレバ娘の原作とドラマのキャストについてネットではどのような話題に?』


・え?何で?原作読んでる?

・いや違うでしょ

・見た目も違う

・年齢も違うでしょ

などの意見が圧倒的に多かったです。どうしてこのような声が集まったのか?を、今回は原作でもメインとなっている3人の女性に焦点を当てて検証してみたいと思います。


漫画【東京タラレバ娘】を無料で見る
⇒ 漫画【東京タラレバ娘】を無料で見る


『批判・不満の理由とは?』


まず考えられる理由として、原作の主人公と友人の年齢です。

ドラマ化される主人公の倫子を演じることになった女優さんは吉高由里子さんです。

さらに東京タラレバ娘には原作でおなじみのメンバーでドラマになっても欠かすことのできない必要な人物がいます。それは、倫子の親友で山川香と、鳥居小雪です。

山川香役は榮倉奈々さんが
鳥居小雪役は元AKB48の大島優子が演じることになっています。

何と吉高由里子さん・榮倉奈々さん・大島優子さんは3人とも公表されている年齢が同じです。


しかし、

・原作では倫子・香・小雪は33歳
・ドラマ化されている年齢は設定が30歳になっているそうです。
・ドラマのキャスト3人の年齢は28歳なのです。(現在2016年です)

『このドラマは年齢が違うと何が問題なのでしょうか?』


原作からドラマ化された番組は過去にも数多くありましたが、なぜこの作品の原作を知る方がドラマのキャストと年齢へのこだわりがあるのか?についてスポットをあてて書いていきたいと思います。

東京タラレバ娘はタイトルのように、『タラ・レバ』が大きなポイントとなっています。

・もし、○○だったら
・あの日○○であれば
・あの時○○さえやってれば

というように高い理想や過去の話に『タラ・レバ』が会話の話題となる物語なのです。

東京タラレバ娘の原作を読んでいる人は勿論、幅広い年齢層の方がいらっしゃるものの、物語をドラマで再現する時に『20代の女性』が、『30代の女性』の主人公達の気持ちが分かるの?リアル感は出るのかな?と疑問を持っているのではないかなぁと感じます。

『20代と30代ではそんなに違う?』


メインとなる3人の役者さんは20代といっても28歳ですから20代後半の30歳に近い女性ですが、20代後半と30代では何がどのように違うの?と疑問を持つ人も多いはずです。

人の感じ方や考え方には年齢によって左右されていくこともあります。

例えば、あの人昔は尖っていたのに最近まるくなったよねという表現があるように、人によっては年齢を重ねて人生経験を積むことで受け取り方や考え方に変化の出る人もいます。

逆に年齢に限らず自分をしっかり持っている人で、考え方もブレナイ人もいますので一概に皆が同じとは限らないです。

ただ、20代を生きる女性と30代を生きる女性では、何らかの機会に感じ方や捉え方にも変化を自覚することも多いといわれています。

簡単に説明しますと、20代までに絶対結婚したい!と願う女性がいるように、実際にそう思ってはいても30代になっても結婚できないという人もいますね。

東京タラレバ娘の3人は焦りや崖っぷちを感じている『30代の独身』なのです。

ネット上のこういった批判や不満の声は、30代の焦りがあり人物の気持ちや、幸せをつかみ取りたいと願う内容をリアルに出す為にも、原作年齢よりドラマの設定年齢を若返らせてしまったのが残念・ドラマを実写化するなら役者さんの年齢層をもう少し上の人でないとしっくりこないかもという意見もありました。

確かに原作の年齢と女優さんの実年齢では5歳の差がありますので、感覚としてのイメージが結果的に『違う』と感じてしまう要素なのかもしれないですね。

『イメージの違い』


原作の絵と、出演者の外見の違いを指摘する声もあります。

倫子の外見は不細工でもなければ特別美人でもなく、モテないわけでもないが特別モテるわけでもない女性像ですが、倫子を演じる吉高さんはさすが主役を演じる女優さんで、やはり華がありますしモテそうというイメージがあります。

香は原作で浮気がテーマになってくる場面がありますが、香を演じている榮倉さんは私生活でご結婚されていて、まだ新婚さんなので香とのイメージでギャップがあると捉えてしまう人もいたようです。

小雪は原作では身長は低くない為、小雪を演じる大島さんの身長も話題となっています。

大島さんの身長が152㎝だった事や、大島さんはクリッと目が大きいのに対し、原作の小雪はキリッとした顔立ちでイメージが違うと感じる人も多かったです。

『原作の威力は凄いですね』


過去にも漫画からドラマ化された作品は沢山ありますが、これだけ有名な女優さん達が演じることになっても批判の声が多かったという事は、累計発行部数を見ても原作の東京タラレバ娘はファンの皆さんに愛されている漫画という事が分かります。

それと同時に、ドラマに出演される役者さんの演技にも特に1月18日(水)の初回放送開始日には注目が集まると思います。

『ドラマをどう観ると違和感を感じないか?を考えてみる』


原作を知っている人達がいるように、ドラマで初めて東京タラレバ娘を知る人や、原作の存在を知らずに観る人もいるはずです。

ドラマを観た人が原作を読みたいと感じることがあるかもしれませんし、ドラマを観てあまり違和感がなかったと思う可能性もあります。

やっぱり原作のイメージが強くドラマの内容がうまく入ってこないかも?と感じている人もいるはずです。

そこで、どのように観れば違和感なくストーリーに集中できるのか?を考えてみたところ、
(全ての人に通じることではありませんが)いくつかの案があることに気付きました。


原作とドラマは大きくかけ離れることなく物語が進行していくことも多いですが、全く同じとは限りませんので、考え方の角度を少し変えてドラマを観てみるのはいかがでしょうか?

簡単に例えるなら、写真です。

同じ人物や、同じものを違う角度から写すことによって同じ表情や形に見えないことはありませんか?

漫画を読んだことがある人なら何となく理解できると思うのですが、漫画は声や音を耳で聴きとることはできませんが、読者がその世界に入り込んでいくことで、無意識のうちに登場人物の声を自分のイメージで想像していくことも可能ですね。

更に漫画は絵を見て字を読みますが、登場人物の世界は読み手の想像力次第で更に大きく膨らませていける魔法の力を持っている可能性があります。

一方ドラマは、映像を通して声や音が入ることで役者さんの声やドラマの場面によっては状況に合わせた音楽を聴いたり、役者さんによる人の動きを見ることができます。

私達視聴者側は役者さんの演技によって引き込まれたり、細かい表情を感じ取ることができることで、○○のドラマは素晴らしい、出演した○○さんの演技は良かったと思うことで、この人が出る作品をまた観たいと思うきっかけになったりすることもあります。

原作とドラマは、その作品の内容によって笑ったり、悲しんだり、怒ったり、感動したり、共感するなどの気持ちを持てるかもしれないという共通点があると思うのです。

原作を知ってて違和感はあるけどドラマは観るつもりという人は、原作とドラマを一旦切り離して全く違う物語と思って観ることができれば、原作もドラマ化された東京タラレバ娘もどちらにも新しい発見ができる可能性もあるのかな?と感じたのですが、いかがでしょうか?

『東京タラレバ娘』の原作が無料で見れるサイト


最近利用者が増えつつある電子書籍サイト。単行本ってすごくスペースを取っちゃうので私は最近できる限り電子書籍で読むようにしています。

その中で一番コミック系が充実しているのが『eBookJapan』というサイト。

『東京タラレバ娘』が無料で見れるようになっているのできになる方は是非お試しを~♪

漫画【東京タラレバ娘】を無料で見る
⇒ 漫画【東京タラレバ娘】を無料で見る

『東京タラレバ娘』関連記事



第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話 最終回

【東京タラレバ娘】大島優子・吉高由里子・榮倉奈々の衣装が買える!
【東京タラレバ娘】キャスト詳細
【東京タラレバ娘】キャストがひどいと批判が!?
【東京タラレバ娘】主題歌とロケ地
【東京タラレバ娘】あらすじとキャスト

『東京タラレバ娘』の動画を無料で見るには


ドラマ『東京タラレバ娘』は動画配信サービス”Hulu(フールー)”で全話が配信されています。

日テレの放送を見逃してしまった人、もう一度見たい人は【無料トライアル期間】を使って”Hulu"で無料で何回でも見ることができますよ♪
CMでもお馴染みで最近巷で大人気の動画配信サービス「 Hulu」で無料視聴することができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

【Hulu 人気タイトル】
  • 過保護のカホコ
  • 愛してたって、秘密はある。
  • ウチの夫は仕事ができない
  • わにとかげぎす
  • 脳にスマホが埋められた!
  • 有吉反省会
  • マツコ会議
  • 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
  • THE LAST COP/ラストコップ
  • ウォーキング・デッド 全シーズン
  • ガキの使い 笑ってはいけない~シリーズ

などなど、ドラマやバラエティ、たくさんの人気作品がスマホ・タブレット・PCで見れるのですが、全て【見放題】になっています!

とても使いやすいので、私の周りでも最近Hulu登録率がすごいです!

⇒ Huluで今すぐ視聴



※紹介している作品は、記事投稿時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です