【東京タラレバ娘】1~10話 最終回 動画 無料視聴 パンドラより

東京タラレバ娘

お年頃女子の共感を得まくりで話題になっているドラマ『東京タラレバ娘』。なかなかうまくいかない3人の恋の行方が気になって仕方ありません!

『東京タラレバ娘』第1~第10話 最終回(3月22日)のあらすじと感想、見逃し配信動画を無料視聴する方法を紹介しています。

動画を見る方法(公式で安全)


見逃し動画は動画配信サービス"Hulu"無料で見ることができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ Huluで今すぐ視聴


『東京タラレバ娘』関連記事



第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話 最終回

【東京タラレバ娘】大島優子・吉高由里子・榮倉奈々の衣装が買える!
【東京タラレバ娘】キャスト詳細
【東京タラレバ娘】キャストがひどいと批判が!?
【東京タラレバ娘】主題歌とロケ地
【東京タラレバ娘】あらすじとキャスト

第10話 最終回 3月22日


最終回 あらすじ


前回、倫子さんは、落ち込んで酔いつぶれたKey君を自宅に連れて帰り、一晩泊めてあげました。

翌日、早坂さんから何で早坂さんの自宅に来なかったのか、質問を受けますが、「お腹が痛かった」と嘘をついてしまいます。

その後、早坂さんに対する後ろめたい気持ちを持ちつつも倫子さんは早坂さんとの仲も順調で、同棲のための住まい探しを始めました。そこでタラレバが現れ、Key君への想いについて改めて考えさせられることになります。

しかし倫子さんの第4出動により、タラレバ娘たちは一同に会し、倫子さんは早坂さんとの仲を大切にすること、香さんは、結婚相談所での紹介を大切にすること、小雪さんはお見合いを進めること確認しあいます。

しかし、その後、香さんは、結婚相談所から紹介のあった男性からお断りが入り、小雪さんはお見合いを取りやめることにしました。

飲み屋でタラレバ娘たちが盛り上がっているとそこに早坂さんとKey君が現れます。

そこで日曜日の朝にKey君が倫子さんのアパートにいたことがバレてしまいますが、Key君は倫子さんとの仲を否定しその場を去ります。

その後、早坂さんと倫子さんは同棲のためのアパートを見つけました。

しかし、倫子さんとKey君が一緒にいるところを早坂さんは見てしまい、二人の仲を確信します。そして早坂さんは倫子さんに別れを告げます。

また、小雪さんは、子供連れの丸井さんを偶然町で見かけ、父親の顔になった丸井さんに安堵を覚え、完全に別れる決意をします。

香さんは、涼ちゃんからの熱い思いを聞き、再度、涼ちゃんとの仲を復活させる決意をします。

その後、映画の撮影のため、北海道に行っていたKey君が再び倫子さんの前に現れ、二人の想いを確認しあいエンディングでした。

最終回 感想


30代の未婚女性3人があーだったら、こーしてればとタラレバ話を酒の肴に日々女子会をしている話です。

あの時にあの男と別れなければ今頃結婚していたのに、私がもうちょっと素直だったらあの人とうまくいっていたのに、などなど過去の過ちに縛られてばかりでなかなか前に進むことが出来ず、なのに結婚したい!と焦ってばかり。

おのおのには気になる男性、好きな男性がいるにもかかわらず自分はもういい大人の女だからと言動や行動に制限をかけて素直になれなかったり、そんな自分にもがき苦しみながら自分の幸せを探して30代を生きている女性のリアルなお話です。

私は漫画も第7巻まで読みました。漫画とドラマを並行して読んだり見たりしていました。原作とちょっと違うドラマの進み方はあまり気にならずどちらも同じように良かったです。

漫画の方では脇役のマミちゃんがかなり強烈キャラで面白いのですがドラマのマミちゃんがイマイチパンチがなく物足りなく感じました。

話自体は共感出来る事が多くそういう事あるある、と自問自答したり大笑いしたり出来る場面が多かったです。

30代女性が若いイケメンモデルとどうこうなるという設定は、現実にはかなり無理がありますが、いい年して不倫してみたりセカンド女に成り下がってもなかなか別れられなかったりというのはよくある話です。

そういう女性が本当はどう思っているのか、どうしたいのかという一例を見れます。電車に乗ってても向かいの女性もタラレバ30代かな、などと想像したりしています。

私は運良く結婚して子供もいますが、タラレバ女になっていた可能性も多いにあり、そういう意味では既婚者も未婚者も楽しめる話だと思います。

結果的には自分にとっての幸せは何なのか?を追求するわけですが、結婚していても幸せを感じていない人もいるし、独り身でも仕事に生きがいを感じ幸せな人もいるし、幸せは人それぞれ違くて、30代だから結婚しなければいけないような世間の風潮に流されず、自分らしく生きようというドラマのエンディングは良かったと思います。

『東京タラレバ娘』の動画を無料で見るには


ドラマ『東京タラレバ娘』は動画配信サービス”Hulu(フールー)”で全話が配信されています。

日テレの放送を見逃してしまった人、もう一度見たい人は【無料トライアル期間】を使って”Hulu"で無料で何回でも見ることができますよ♪
CMでもお馴染みで最近巷で大人気の動画配信サービス「 Hulu」で無料視聴することができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

【Hulu 人気タイトル】
  • 過保護のカホコ
  • 愛してたって、秘密はある。
  • ウチの夫は仕事ができない
  • わにとかげぎす
  • 脳にスマホが埋められた!
  • 有吉反省会
  • マツコ会議
  • 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
  • THE LAST COP/ラストコップ
  • ウォーキング・デッド 全シーズン
  • ガキの使い 笑ってはいけない~シリーズ

などなど、ドラマやバラエティ、たくさんの人気作品がスマホ・タブレット・PCで見れるのですが、全て【見放題】になっています!

とても使いやすいので、私の周りでも最近Hulu登録率がすごいです!

⇒ Huluで今すぐ視聴



※紹介している作品は、記事投稿時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。


第9話 3月15日


第9話 あらすじ


早坂さんと相思相愛になった倫子さんの恋愛は順調そのもの。

一緒にご飯食べたり、テレビをみたり、本当に気を遣うことなく、リラックスして過ごせる早坂さんとの生活に倫子さんは本当に満足しています。

一方、涼ちゃんと別れた香さんは、また結婚相談所に行き、相手探しを行いはじめましたが、まだ満足できる相手には会っていない状況です。

ある日、香さんは風邪を引いてしまいました。

自宅で静養中、ドアのベルが鳴るとそこに涼ちゃんがいます。

香さんのことが心配で看病しにきてくれたのですが、香さんはきちんと涼ちゃんに別れを告げ、帰ってもらいました。

小雪さんですが、ある日、お父さんがぎっくり腰のため、お店を休むというので、丸井さんをお店に呼びます。

すると丸井さんは小雪さんに「自宅に来て欲しい」とお願いされ、そのまま一晩を丸井さんと過ごしてしまいます。

朝、朝食の準備をしようとすると、丸井さんの携帯電話が鳴り、奥さんが帝王切開なのですぐ病院に来て欲しいと連絡を受けます。

丸井さんは小雪さんに謝罪の上、小雪さんを自宅に残し、病院に向かいます。

後日、丸井さんは小雪さんに会い、謝罪をしますが、「子供がかわいい」という丸井さんの話を聞き、丸井さんに別れを告げます。

早坂さんと鍋パーティーをすることになり、倫子さんは早坂さん宅にむかいますが、その途中、酔いつぶれたKey君に出会います。

Key君はかつての奥さんのご両親に「自分の人生を歩め」と諭され、自暴自棄になっていました。

そこで、Key君の奥さんへの想い、タラレバ娘たちへの憧れを聞き、倫子さんはKey君を愛おしく感じるのでした。

第9話 感想


今回は小雪さんがメインという感じでした。

結局、不倫の恋は成就しないですね。特に子供がいると話は難しくなります。

しかし、倫子さん、早坂さんとの仲が非常に順調なのに、一体どうなるのでしょうか。

ストーリの流れ上、Key君を選ぶと思いますが、早坂さん、8年越しの恋がまた実らず、だったらかわいそうな気もします。

第8話 3月8日


第8話 あらすじ


北伊豆で早坂さんから告白を受け、ドギマギしている倫子さんに、脚本の仕事が舞い込み、公私ともに充実してきます。

その晩、早坂さんから夕食のお誘いがあります。

「これはプロポーズでは?」と期待が膨らむタラレバ娘たちですが、結局その晩は食事だけで終わりました。

香さんは最近生理がないことに気づき、もしかして涼ちゃんの子供を授かったのでは、と悩み、涼ちゃんのもとに向かいます。

涼ちゃんは歓迎ムードでしたが、結婚の話は出てきませんでした。

結局、妊娠はしておらず、そのことを涼ちゃんに告げると、妊娠してなくてよかった、とほっとされてしまいました。子供を作ろうと、提案しますがそれも却下されガックリする香さんでした。

小雪さんは、丸井さんに父親に丸井さんとの仲がバレたため、「もう店には来ないで」と告げ、今後は外で会う事だけにします。

Key君は涼ちゃんと飲み、彼女と香さん、どっちが好きなのかと質問しますが「どっちも好き」と回答されます。

そのことを香さんに告げ、もう涼ちゃんと会わないようにするよう諭し、香さんは涼ちゃんと別れる覚悟を決めます。

倫子さんは、前回の食事会で早坂さんから何もなかったものの、早坂さんに気持ちをぶつけたいと思い、早坂さんに連絡しようとすると早坂さんから連絡が入り、会う約束をします。

そして二人は会い、お互いの想いを知ることになります。

第8話 感想


今回は、香さんがメインという感じでした。

私は男で、「浮気願望」がわからないでもないですが、涼ちゃんのどっちつかずのような友人がいたら説教しているかもしれません。

良い人ですがどっちつかず、という人間が一番タチ悪いです。香さんの切ない演技にはキュンと来るものがありました。

しかし、倫子さん、イキナリ運気急上昇ですね。仕事はともかく、このまま早坂さんとゴールで良いのでしょうか。

これでは、Key君を出している意味って何かなと思ってしまいます。確かに原作でも出ているので無駄とは思いませんが。

小雪さんは、どんな感じで決着するのでしょうか。

まだわからず楽しみです。

第7話 3月1日



第7話 あらすじ


早坂さんに彼の地元の町おこし用ショートムービーの脚本の仕事を頼まれて倫子さんと小雪さん、香さんは北伊豆町に向かいました(小雪さん、香さんは単なる付き添いです)。

そこで地元の人から大歓迎されるものの、仕事の小ささにガックリする倫子さんでした。

しかし、夜の宴会で地元の人たちの熱いショートムービーへの想いを聞き、「日本中にこの映像を届ける」と心を入れ直し、徹夜で脚本を書き直しました。

その頑張りを知り、早坂さんとKeyさんも北伊豆を訪れ、撮影に協力します。出演者の頑張りもあり、撮影は順調に完了しました。

倫子さんは小さい仕事ながら久々に充実感を覚えます。久々に輝く倫子さんの姿にKeyさん、早坂さんも非常に惹かれていきます。

そして夜の宴会でショートムービーの披露会が行われました。町の人、早坂さんはその出来栄えに大感激です。

宴も最高潮に達したところで、早坂さんの恩師から、「2人はお似合いだ」と言われ、倫子さんと早坂さんはドギマギし始めます。

酔いを醒ましに外に出た早坂さんを倫子さんは追いかけますが、そこで早坂さんから、昔からの倫子さんへの変わらぬ思いを告げられ、二人は思わずキスしますがKeyさんがそれを見てしまいました。

ちなみに小雪さんは、丸井さんとの密会をお父さんに知られてしまい、「あの男は止めておけ」とお父さんから諭されます。

香さんは、北伊豆のお土産を渡したいと涼くんと会う約束をしますが、「彼女との約束が入った」とのことでキャンセルされてしまいます。

悶々とする二人でした。

第7話 感想


今回は倫子さんが公私ともに一人輝き始め、まさかのモテキか、というところで終わりました。

そのまま、早坂さんとゴールという感じもせず、これからKeyさんがどう絡んでくるのか楽しみです。

あと仕事も調子に乗ってくれば、といったところでしょうか。

一方、小雪さん、香さんはどうなるのでしょう。完全に行き詰まりですね。

次回も楽しみにしています。

第6話 2月22日



第6話 あらすじ


速水もこみち演じる奥田さんを好きになるとこを決意し、付き合うことになった倫子、脚本家の仕事を辞め、結婚し幸せになることを夢見ます。

しかし、早朝からマラソンに付き合わされたり、趣味じゃないフランス映画を見されられることなど、奥田さんとの噛み合わなさにしんどさを感じます。

一方香は、元彼のりょうちゃんと別れることを決意し、本格的に婚活を始めます。それでも、りょうちゃんからのストレートな愛情表現に、再びセカンドという関係性を受け入れてしまいます。

小雪も、丸井さんとの不倫関係をやめることができず、ダラダラと会う日々が続いていました。

自分だけの人で、しっくりこない人がいいのか、それとも自分だけの人でなくても歯車が噛み合う人がいいのか、倫子は悩みます。

ある夜、いつもの東京タワーの見えるベンチに座っていたキーを発見した倫子は、キーの結婚事情を聞き出します。キーの妻は大病を抱えた自身の高校時の担任教師であり、キーは彼女の結婚したいという夢を叶えるため、式を挙げたのでした。

その話を聞いた倫子は、奥田さんとの別れを決意します。最後に握手し、背を向け帰っていく奥田さんを見て、倫子は自分の選択は間違っていなかったのか、不安を覚えたのでした。

第6話 感想


今回、大きくテーマになったのは、自分だけの人で噛み合わない人がいいのか、自分だけの人でなくてもしっくりくる人がいいのか、と言ったことと、結婚する=幸せなのか、ということです。

私の目から見ていたら、やはり香と小雪の恋愛の方が幸せそうに見えました。この2組のカップルは決して正規のものではないですが、最終回では両カップルが幸せになってほしいと、回を重ねる毎に思います。

また、奥田さんと別れ、いよいよ倫子とキーがラブラブになっていくのか!と期待しましたが、最後に登場したのは早坂さんでしたので、ここからは早坂さんと倫子に何かあるのだろうな、という終わり方でした。

はやく倫子とキーの心が通わないかな、とやきもきしています。次回もすごく楽しみです。

第5話 2月15日



第5話 あらすじ


倫子・小雪・香は人生の指針がほしいとよく当たると言われている占い師のもとを訪れる。そこでズバズバ今の3人の現実を言い当てられ、小雪は丸井さんと会わない、香は涼介と会わないと決心するが、倫子は解決策がなく途方にくれる。

そんなある日、買い物をしている倫子の目の前に現れたのが、ハイスペックイケメン。そのイケメンから一緒にご飯を食べようと誘われ舞い上がる倫子。

しかし、連れていかれた先はイケメンが経営するBAR。お客として誘われたとわかった倫子は気を落とす。

しかし、映画とお酒という共通の趣味もあり盛り上がる2人。そしてお会計を支払おうとする倫子に「お会計はいらないので、今度また一人できてください」と照れたように言うイケメン。倫子は、自分にも春が来たと舞い上がる。

そんな一部始終を、のんべえで小雪と香に報告をしている時に、KEY登場。いつものように3対1で口論するが、突然KEYの結婚経験が明らかになる。自宅に帰った倫子はKEYの結婚相手について考える。

そんな折に、早坂から電話が入る。翌日会社を訪れると、企画を担当していた脚本家が入院することになり、代理の脚本家を探しているとのこと。

コンペで脚本家を選ぶため、倫子の原稿も提出してほしいという早坂の意向に、快諾する倫子。期日は明後日。なんとか採用されようと頑張る倫子。

一方、小雪の電話に丸井からの着信。しかし、小雪は関係を断つため、電話には出ず。

香も涼介からLINEがくるが未読スルーを貫く。しかし、突然香のお店に涼介が来店。仕事で忙しい中、純粋に香の安否を心配する涼介に心が揺れる香。

小雪も丸井と会えず元気がない様子。締切に間に合うことができた倫子は自分へのご褒美にと外食で豪華な料理を注文する。

そこでまたKEYの登場。そんな時に早坂からの着信で、コンペで落選した旨を聞かされる。折角のチャンスを物にすることができず、ショックを受ける倫子。心の傷を癒したくイケメンの奥田のいるBARへ向かう。

落ち込んでいる倫子に気づいた奥田は別の場所で食事をすることに。そこで至福のひとときを過ごした倫子。解散した後に奥田から電話でデートの誘いを受ける。

後日、デートに出かけた倫子と奥田。そこで奥田から告白を受け、付き合うことになった2人。

一方小雪は、のんべえの前まで丸井が来ているという連絡を受け、慌てて丸井のもとへ向かう。関係を絶とうとした小雪だったが、丸井の強い想いに負けて丸井の胸に身をゆだねてしまう。

脚本が不採用になったと知ったKEYに脚本家やめるのかと聞かれ、恋人ができたんだから、そこに幸せを求めて逃げてもいいと主張する倫子。

早坂も倫子が今回の落選をきっかけに脚本家をやめないか心配する。倫子は心に様々な想いをかかえたまま奥田のもとへ向かう。

第5話 感想


香には涼介と付き合ってほしいです。2人の雰囲気がとてもあっているし、過去に同棲していたのなら結婚もうまくいくと思います。涼介が香だけを見てくれる日がくることを願います。

小雪は丸井さんが奥さんとの関係を綺麗にしてから付き合ってほしいです。

倫子は奥田とではなく、KEYと結ばれてほしいです。

『東京タラレバ娘』関連記事



第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話 最終回

【東京タラレバ娘】大島優子・吉高由里子・榮倉奈々の衣装が買える!
【東京タラレバ娘】キャスト詳細
【東京タラレバ娘】キャストがひどいと批判が!?
【東京タラレバ娘】主題歌とロケ地
【東京タラレバ娘】あらすじとキャスト

『東京タラレバ娘』の原作が無料で見れるサイト


最近利用者が増えつつある電子書籍サイト。単行本ってすごくスペースを取っちゃうので私は最近できる限り電子書籍で読むようにしています。

その中で一番コミック系が充実しているのが『eBookJapan』というサイト。

『東京タラレバ娘』が無料で見れるようになっているのできになる方は是非お試しを~♪

漫画【東京タラレバ娘】を無料で見る
⇒ 漫画【東京タラレバ娘】を無料で見る

動画を見る方法(公式で安全)


見逃し動画は動画配信サービス"Hulu"無料で見ることができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ Huluで今すぐ視聴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です