ドラマ【男水】動画 1~5話を無料で見るには?ネタバレ

男水

2017年1月22日(土)深夜0:55~日テレで新ドラマ『男水(だんすい)』の放送が始まりました。

タイトルを見ると、男の人と水に関係しているテーマのドラマなのかな?と思っていますが、どのような番組なのでしょうか?

『男水』は、白泉社の花とゆめで連載されている、木内たつやさんが描かれている漫画が原作となっています。原作が人気漫画からドラマ化される作品は沢山ありますが、男水はどのような物語なのでしょうか?

ドラマ『男水』第1話~第5話のネタバレあらすじ感想、見逃し配信動画とテレビでは放送されていないオリジナル動画を無料で見る方法を紹介しています。

動画を見る方法(公式で安全)


見逃し動画は動画配信サービス"Hulu"無料で見ることができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ Huluで今すぐ視聴


【男水】第6話 2月25日


第6話 あらすじ


毎日、お弁当を弟と妹、父の分まで作っている秀平(松田凌)。親にわがままを言ったことがあるかとの問いに、2年前のことを思い返します。

龍峰の推薦をとるためには記録が足りなかった秀平。どうしても行きたいなら何とかするという母親に、私立高の経済的負担を考えて、行きたいとは言い出せなかったのです。

川崎(廣瀬智紀)が水泳部に姿を見せなくなり、不安になる部員たち。東ヶ丘高校にやってきた平(小澤廉)から、川崎が龍峰によく顔を出して監督の磯村(モロ師岡)と話をしているという話を聞き、秀平は龍峰をたずねて行きます。

何かと親切にしてくれる平のその理由を尋ねると、「むかついたから」という意外な答えが返ってきます。龍峰では強い選手ばかりで都大会に出ることも難しいのに、東ヶ丘では簡単に出られてしまうのでした。

秀平は自分を振り返って、川崎に「今まで家族や部員のことを言い訳にして逃げていた。強くなりたい」と話します。東ヶ丘高校に戻ってきた川崎に部員たちは皆強くなることを約束します。

せっかくやる気になった水泳部ですが、突然プールの工事が始まり10日間は練習できないという事態に。慌てる部員たちに川崎は、龍峰のプールを1レーンだけ借りられると言います。

川崎が龍峰に行っていたのは、プールを借りる交渉をするためだったのでした。

第6話 感想


秀平と大樹は強豪校の龍峰に行けませんでしたが、強豪校には強豪校なりの大変さがあるのですね。

レベルの低いところで上にいるか、高いところで下にいるか…というのはスポーツに限らず、学校やクラスを選択するときにも出てくる問題ですよね。ともあれ、秀平が欲を出すようになったのは良かったのではないでしょうか。

親に負担をかけたくないから、と子どもが本心を隠してやりたいことをあきらめるのもよくある話ですが共感しました。

負担をかけてもやりたいことをするのがいいのか、あきらめるのがいいのかどちらとも言えませんが、秀平が「逃げていた」と気づいたのならぜひ頑張って欲しいです!

都大会をきっかけにみんなの力がアップして、自信をつけられることを期待しています。

ドラマ【男水】動画を見るには?


ドラマ『男水』の動画は動画配信サービス”Hulu(フールー)”で全話が配信されています。

テレビで放送された本エピソードに加え、Huluオリジナルの未公開エピソードも毎週公開されているのでファン必見です!

地上波だと深夜の放送なので見れない方も多いと思いますが、Huluに登録しておけばいつでもどこでもスマホやタブレットで視聴できるので深夜まで我慢して起きている必要がなくなりますね(笑)
CMでもお馴染みで最近巷で大人気の動画配信サービス「 Hulu」で無料視聴することができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

【Hulu 人気タイトル】
  • 過保護のカホコ
  • 愛してたって、秘密はある。
  • ウチの夫は仕事ができない
  • わにとかげぎす
  • 脳にスマホが埋められた!
  • 有吉反省会
  • マツコ会議
  • 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
  • THE LAST COP/ラストコップ
  • ウォーキング・デッド 全シーズン
  • ガキの使い 笑ってはいけない~シリーズ

などなど、ドラマやバラエティ、たくさんの人気作品がスマホ・タブレット・PCで見れるのですが、全て【見放題】になっています!

とても使いやすいので、私の周りでも最近Hulu登録率がすごいです!

⇒ Huluで今すぐ視聴



※紹介している作品は、記事投稿時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。


【男水】第5話 2月18日


第5話 あらすじ


記録会を終え、川崎(廣瀬智紀)から「コーチをやめる」と宣言されてしまった東ヶ丘高校水泳部。

一方、強豪・龍峰高校では都大会へのメンバー選抜が行われる。

大会へ向け気合いを入れる龍峰の面々、ところが礼央(安西慎太郎)は選抜を目前にして集中しきれずにいた。

そんな中時間が過ぎ、いよいよバタフライの選抜が始まろうとするが・・・。


【男水】第4話 2月11日


第4話 あらすじ


川崎のセッティングにより、東ヶ丘高校は龍峰高校と合同記録会を行うことになる。秀平たちは緊張しながら憧れの龍峰高校のプールにやって来る。

秀平は平と背泳ぎで、大樹は礼央とバタフライで、滝は仁科と自由形で一緒に泳ぐことになる。

川崎のトレーニングにより成果を実感する秀平たちではあるが…。


【男水】第3話 2月4日


第3話 あらすじ


大樹(宮崎秋人)は練習を休みます。川崎(廣瀬智紀)は「泳げるのに泳がない奴には腹が立つ」と大樹を受け入れません。

秀平(松田凌)たちは大樹の心配をしつつ、川崎の組んだ練習メニューに取り組みますが、バランスボールや走り込みなどのトレーニングばかりで水の中に入れてもらえません。

大樹は子供の頃を思い出します。一人ぼっちだった大樹に秀平と礼央が「一緒に泳ごう」と声をかけてくれたのでした。二人と出会った公園や一緒に泳いだプールを訪れる大樹。

久しぶりに水に入ることを許された秀平たちは、陸上でのトレーニングのおかげでタイムが伸びていました。

秀平と大樹は2人だけで泳ぎます。「俺のせいで三人がバラバラになった」と自分を責める大樹ですが、「また三人で泳ぐために強くなりたい」という秀平の言葉を聞いて、プールに戻ることを決意します。

そして、龍峰高校との合同記録会の日がやってきました。

第3話 感想


大樹は練習を休んで色々と葛藤していました。水泳そのものというよりも、秀平と礼央と一緒に泳ぐことが大好きだったようですね。

ところどころで出てくる秀平と大樹、礼央の幼いころの回想シーンでは、彼らがとても仲良しで三人で泳ぐことが楽しいという気持ちがよく伝わってきました。(子役もとても可愛いです!)

また泳ぐことを選んだからには頑張ってほしいです。

東ヶ丘高校との合同記録会を礼央はかなり嫌がっていました。一人だけ強豪校に入った礼央の心の内はどんなものなのでしょうか?

川崎の指導は強引ではありますが、効果が出ていたので今後ますます部員たちの実力アップが期待できそうです。とはいえ強豪の龍峰高校といきなり合同記録会をするなんて、ちょっと心配でもあります。

松田凌さん、宮崎秋人さん、安西慎太郎さんなど、このドラマのキャストの方たちは舞台を中心に活躍されている方が多いようです。

今年の5月にはこのドラマが舞台化されるそうです。舞台でどうやって水泳を再現するのでしょうか?こちらも気になるところです。

【男水】第2話 1月28日


第2話 あらすじ

東ヶ丘高校水泳部に臨時コーチとしてやってきたのは、過去インターハイ優勝の川崎亮也(廣瀬智紀)だった。ハルミ(赤澤燈)の作った練習メニューを一喝し、超スパルタな練習がスタートする。

川崎の強引なやり方に滝(佐藤永典)は部活を辞めると言い出すなど部はバラバラに。みんなを気遣う秀平は川崎に直談判するも、周りのことばかり気にして泳いでいると速くなれないと突き返される。

川崎の言葉をキッカケに中学時代のトラウマを思い出す秀平。それは、秀平、大樹、礼央の想いがすれ違うキッカケの事件だった。


【男水】第1話 1月21日




第1話 あらすじ


東ヶ丘高校のプールで2年生の秀平(松田凌)、大樹(宮崎秋人)、1年生の結太(佐藤永典)、ダニエル(神永圭佑)の4人は練習しています。

マネージャーの晴美(赤澤燈)が立てた練習計画に従って、水中でのトレーニングも行っています。

秀平、大樹は水泳の名門高校、龍峰高校に進学希望でしたがかないませんでした。結太は自宅から近くそのぶん練習時間がとれるという理由で東ヶ丘を選びました。

龍峰高校は監督の磯村(モロ師岡)の指導の下、試合の全種目で1位を独占するほどの強豪校です。

ある日、秀平たちは帰宅途中に龍峰高校の水泳部の部員たちと出会います。龍峰には秀平と大樹の幼馴染、礼央(安西慎太郎)がいました。

3人は幼いときに一緒に泳ぎ、そろって龍峰に行く約束をした仲でした。

第1話 感想


放送時間帯が深夜なのがもったいないと思いました。いたって真面目なスポーツものなので、もうちょっと学生さんが見やすい時間帯に放送したらいいのになぁ…。

1話では泳いでいるシーンがかなり多いです。そのためストーリーはほとんど展開していませんでした。

小さい頃に仲良く水泳をしていた3人のうち、名門の龍峰に行けたのは1人だけで残る2人は無名の東ヶ丘高校に進んでいます。実力の世界とはいえちょっとキツいですね。

東ヶ丘高校と龍峰高校ではプールの大きさからして違いました。龍峰は部員の数もすごく多いです。

そういえば思い返してみるとこのドラマに女子は1人も出て来ませんでした!(東ヶ丘のマネージャーの晴美は微妙ですが)

正直なところ、初回ということもあって登場人物の見分けがほとんどつきませんでしたが、みんな爽やかな俳優さんたちでした。

水泳のフォームなどが本格的なのかどうかはわかりませんが、これまで水泳をテーマにしたドラマはあまり聞いたことがないので、水泳を習っていたり水泳部で頑張っている人たちには一見の価値があるのではないでしょうか?

2話以降は東ヶ丘高の水泳部がどうやって強くなっていくのか、また秀平と大樹、礼央の友情がどうなっていくのか、注目です。

放送前情報 ↓ ↓ ↓

ドラマ【男水】あらすじ


この物語は、男子高校生が水泳をする中で登場人物達が様々に活躍をしていくお話です。なるほど、それでタイトルが『男水』なのですね。

高校生スイマーとして登場している彼らの中には、なぜか水泳部に似つかわしいとはいえない部員もいるような弱小水泳部なのですが、部員が僅か3名しかおらず水泳部存続の為に募集をしていきます。

東ヶ丘高校と、強豪校である龍峰高校の生徒たちが水泳を通して繰り広げる青春ドラマで、秀平・大樹・礼央の3人は水泳で有名な私立校、龍峰高校の推薦テストを受けたいと考えています。

しかし、3人のうち1人は水泳の強豪校に、2人は弱小で廃部が心配される都立高校へと進みます。都立高校に進学した彼らは部員を増やしていきたいのですが、どうなっていくのでしょうか?


榊秀平は、高校2年生で背泳ぎをしていきます。修平の性格は頼りがいのあるお兄ちゃん的存在で、彼は料理をすることが得意で、味も絶賛される腕前の持ち主です。

篠塚大樹は、高校2年生でバタフライ・自由形で活躍する選手です。性格は普段何を考えているのか分からない人物で、榊秀平とは子供の頃からの付き合いがある水泳部の中では実力もある選手です。

藤川礼央は、バタフライで活躍する2年生の選手です。礼央は水泳の強豪校で龍峰高校の水泳部に所属していて水泳も期待されている人物です。

小金井晴美は、女性らしい名前ですが東ヶ丘高校の2年生で水泳部のマネージャーです。晴美はオネエの部分が垣間見える人物ですが、実は性格が男前で、過去に榊秀平と篠塚大樹とは同じスイミングスクールに通っていましたが、そこで何かあったようなのですが・・・。

滝結太は高校1年生。お世辞にも運動神経がよい人物とはいえない彼ですが、一生懸命に頑張る姿を見せてくれる水泳初心者で、性格は内気なタイプです。

平光希は、龍峰高校の2年生。彼の性格は一言でいうと自由人ですがフレンドリーな一面を持つ人物です。

仁科譽は、龍峰高校の3年生。水泳部では主将を務める努力家タイプです。

神宮一虎は、龍峰高校の3年生。天才肌の人物ですが性格はその時々の気分で行動してしまう気分屋さんです。

原田ダニエルは高校1年生。口を開かなければ王子様系でイケメンと呼ばれるタイプの男性です。水泳には全く縁のなかったはずの彼ですが、もともと勉強もできて運動神経も良い努力家タイプです。

川崎亮也は、大学生で、背泳ぎでは過去にインターハイで優勝した経験もある選手でしたが怪我により現在は選手として活躍することを断念し、高校では水泳のコーチ候補の男性です。


2つの高校が登場しますが、キャラクターが皆違っていることや、弱小チームと強豪チームという対照的な部なので、ドラマも盛り上がりそうですね。

ドラマ【男水】キャスト


榊 秀平  ・・・松田凌
篠塚 大樹 ・・・宮崎秋人
藤川 礼央 ・・・安西慎太郎
小金井 晴美・・・赤澤燈(ともる)
滝 結太  ・・・佐藤永典
平 光希  ・・・小澤廉
仁科 譽  ・・・黒羽麻璃央
神宮 一虎 ・・・池岡亮介
原田 ダニエル・・・神永圭佑
川崎 亮也 ・・・廣瀬智紀
市村 真幸 ・・・齋藤教兵
村上 英輔 ・・・奈須田雄大
高浦 一郎 ・・・津嘉山寿穂
高浦 二郎 ・・・櫻井圭佑
森親 太郎 ・・・上村海成
羽生 親一郎・・・大浦龍宇一
磯村 邦夫 ・・・モロ師岡

ドラマ【男水】主題歌


『男水』の主題歌はUNISON SQUARE GARDENの「Silent Libre Mirage」です。



こちらは違う曲ですが、ドラマに合うかっこいい曲に仕上がっていることでしょう!

動画を見る方法(公式で安全)


見逃し動画は動画配信サービス"Hulu"無料で見ることができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ Huluで今すぐ視聴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です