【精霊の守り人 シーズン2】動画 1~8話 見逃し配信とネタバレ

2017年1月21日(土)にNHKから新シリーズとして『精霊の守り人Ⅱ(シーズン2)悲しき破壊神』の放送が始まります。

人間と異界の世界を描いたドラマ、精霊の守り人シリーズが新たなシリーズとして帰ってくるという事で楽しみに待っていた方も大勢いらっしゃると思います。シーズン2での悲しき破壊神の物語はどのような展開となっていくのでしょうか?

こちらの物語は、上橋菜穂子さんの守り人シリーズが好評の作品が原作となっています。精霊の守り人を観た事がない方に前回のシリーズを合わせてあらすじを書いていきたいと思います。

『精霊の守り人 シーズン2』第1話~第8話(3月18日)のあらすじと感想、見逃し配信(再放送)動画を視聴する方法を紹介します。

動画を見る公式な方法


見逃し動画は放送後に動画配信サービス"U-NEXT"で見ることができます。

U-NEXTは登録から31日間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ 今すぐ動画を見たい方はコチラから


【精霊の守り人 シーズン2】第8話 3月18日


第8話 あらすじ


チャグムが死んだと聞いたバルサはショックを受けます。助け出したアスラは兄のチキサ、タンダ、アスラと共にマーサの家に世話になっていますが、彼女は話すことができなくなっています。

バルサはアスラの側に自分がいると、つらい記憶をよみがえらせ回復が遅くなってしまうのではと考え、マーサの家を後にします。

口入れ屋にいるバルサのもとにチャグムは実は生きていて、ロタ王国に向かったという知らせが届きます。バルサはロタ王国の南部の港町にチャグムを探しに向かいます。

チャグムがタルシュ帝国から与えられた装身具を売ってお金に換えただろうと推測するバルサは、闇の商人のもとへ情報を求めに行きます。

そこでタルシュ帝国の密偵ヒュウゴと海賊のセナの助けを受け、チャグムがすでに南部の領主によって囚われていることを知ります。

チャグムは南部の領主が新ロタ王に反旗を翻そうとしていることを知らず、ロタ王への面会を求め、南部領主のもとにいるのでした。

第8話 感想


ますます人間関係が入り乱れてきました。ただ、今までは交わることのなかった人々が一つの場所に集まり、話の焦点が一つに絞られてきた感じがあります。かなりの数の登場人物ですが、ようやく全貌が見えてきたように思います。

とはいえ、もう次で最終回ですから収束していただかないと困るわけですが。

今回、印象に残るのはチャグムの死を聞いた新ヨゴ国の帝の非情さ、というか異常さ、ではないでしょうか。

この第2シリーズでは一貫して父の帝のチャグムに対する冷たさが際立っています。この人物が最後にどうなるのか、とても興味深いところです。

そして、ワキ役ですが、チャグムの持っていた装身具を奪い、売り払った海賊、セナと同郷のようですが、狂言回しのようで、いい味出してました。背中にステゴザウルスか、みたいな背びれをつけていました。

あれはワニかなんかのイメージなんでしょうか。妙にインパクトのある恰好でした。もう出てこないんでしょうか。

南部の領主の子どもたちも、なかなかインパクトがありました。いかにもダメ息子とダメ娘の雰囲気を醸し出していました。

次週、どのような結末を迎えるのか楽しみです。

【精霊の守り人 シーズン2】動画を見る方法


『精霊の守り人 シーズン2』は放送後に、動画配信サービス”U-NEXT”で全話が配信されます。

動画の視聴にはポイントが必要ですが、登録時に付与されたポイントを使うことですぐに動画視聴が可能です。
最新国内ドラマを見るなら動画配信サービス「U-NEXT」がオススメです。

スマホ・タブレット・PCでいつでも動画を見ることができるので、テレビの放送時間に合わせて慌てて家に帰る必要もありません♪


【U-NEXT 人気ドラマタイトル】


  • 君の名は
  • 愛してたって、秘密はある。
  • 僕たちがやりました
  • ハロー張りネズミ
  • 過保護のカホコ
  • 黒革の手帖
  • 脳にスマホが埋められた
  • ごめん、愛してる
  • あいの結婚相談所
  • カンナさーん!
などなど、最新のドラマを多く扱っているのがU-NEXTの特徴です。


今ならU-NEXT登録から31日間は無料です。

他にも映画、ドラマ、アニメ等、日本最大級の12万本もの作品が配信されているので私は毎日動画を見て楽しんでます♪

⇒ 31日間無料で動画を見る


【精霊の守り人 シーズン2】第7話 3月4日


第7話 あらすじ


第7話では建国ノ儀の前日にシハナの導きによりアスラとチキサの兄妹が再会を果たします。二人はイーハンに会い、彼は母トリーシアの代わりに幸せにすると約束します。

翌日、イーハンはロタ王国の建国ノ儀式を執り行おうとするも南部大領主(スーアン)が猛反発します。彼は、ヨーサムが亡くなったことを知っていたのです(シハナが教えた?)

北部と南部の大乱闘の中、タル民のイアヌ(玄理)がサーダ・タルハマヤの再臨を叫ぶ。とうとうアスラがタルハマヤになってしまうのか!という時にバルサが現われます。

それを阻止しようとするシハナとの一騎討ちとなるのですが、アスラはバルサの呼びかけに答え、神になることを拒否します。

死んだように眠ってしまったアスラを連れて、再びマーサのいる四路街へ戻ります。

そこでアスラが目を覚まします。喜びもつかの間、バルサはチャグムが死んだという話を耳にするのでした。

第7話 感想


今回はアスラの回でした。アスラが以前のように戻ったのかはさだかではありません(口がきけなくなるらしい)が、命はとりとめたようです。

しかし、次はチャグムに大変なことが起きていました。バルサも次から次へとトラブルに巻き込まれて大変です。

ひとつ疑問なのですが、大人になったチャグム(子供の頃の面影まるでなし)をバルサはチャグムとすぐに認識するんでしょうか(苦笑)

さらに、確かラウルに捕らわれの身だったはずのヒュウゴがバルサの前に姿を現すようです。ヒュウゴはこれからどのような役割を果たしていくのか、ヒュウゴが好きなので、チャグム側になって活躍してほしいと思っています。

今週は、NHKは震災特番のためドラマの放送がありません。来週までおあずけですね。果たして2シーズン中にバルサはチャグムの足跡に辿り着けるのか、二人の再会シーンが早く見たいです。

原作を読んでいる人には理解できないことも多々あるのかもしれませんが、自分はそこそこ楽しんでいます。3シーズンも楽しみです。

トリーシアの幻影から神を拒否したアスラに待ち受ける過酷な運命は死なのか?

【精霊の守り人 シーズン2】第5話 2月18日


第5話 あらすじ


バルサとアスラは亡きトリーシアの友人だと名乗るタル民の女イアヌに出会います。

彼女とタル民を一緒にタルの集会場を目指しますが、途中でバルサは武装集団とタル民に挟み撃ちされ川に転落してしまいます。

シハナの命を受けたイアヌはバルサを罠にはめたのです。

アスラはイアヌの案内でサーダ・タルハマヤの神域・タルの集会場へたどり着き、シハナと対面します。

シハラがカシャルだと気づき警戒しますが、自分は母トリーシアの友人で、トリーシアの代わりにあなたを守ると言います。アスラの懐に入り再びタルハマヤに導こうとしていたのです。

一方、チャグムはヒュウゴにタルシュ帝国領ヨゴの廃墟に連れて行かれます。

ヒュウゴはタルシュ帝国の脅威を語ります。

チャグムは現実を思い知らされてしまううのでした。

タンダとスファルに助けられたバルサはトロガイからチャグムが大変なことになっていると知らされて動揺します。

第5話 感想


二つの話が同時進行しており、どっちを心配していいのか、ハラハラドキドキです。

とうとうバルサとアスラがシハナの罠にはまり、離れ離れになってしまいます。アスラがタルハマヤになってしまうのか、どうなのか。

ドラマの最初から最後まで目が離せません。映像も素晴らしくて、さすがNHKだなあと思います。

さて、物語で気がかりなのはドラマの中盤を過ぎても出会うことのないバルサとチャグムです。

見ている方としてはイライラしてきますが、バルサもアスラの問題が片付かないことにはチャグムの元へ行く事もできないですよね。

まずは、イーハンがしっかりしてもらって、ロタ王国をアスラの力うんぬんではなくひとつにまとめてほしいです。

チャグムについては、鍵を握るのがヒュウゴではないかと思っています。ヒュウゴの本心が今シーズンでは演じている鈴木亮平さんでさえ分からなかったとコメントしています。

ヒュウゴファンとしては今後、どのような立ち位置になるのか、チャグム側につくのではないかなど、いいように妄想しています。

第6話もとても楽しみです。

【精霊の守り人 シーズン2】第4話 2月11日


第4話 あらすじ


バルサ(綾瀬はるか)はシハナ(真木よう子)から届いた脅迫状に従い再びロタ王国を目指す。

途中の野営地で狼の群れに襲われるがアスラ(鈴木梨央)が一瞬で狼たちを殺してしまう。

高笑いするアスラは禍々しいものに支配されていた…。一方、サンガルにとらわれたチャグム(板垣瑞生)は牢から脱走するが舟を漕ぎ出すときに敵の銛(もり)を受け重傷を負う。

それでも沖を目指すがヒュウゴ(鈴木亮平)の海賊船が現れ行く手を阻む!


【精霊の守り人 シーズン2】第3話 2月4日


第3話 あらすじ


追っ手から逃れるため、遊牧民の元に身を寄せたバルサたち。自分を守ってくれるバルサに、アスラは母がカミサマを招いたと話します。

一方、タンダたちもスファルからアスラに宿るタルハマヤという異界の神の伝説を聞かされます。タル人が信仰するタルハマヤの恐怖により支配されたと話すシハナに、タルハマヤにより平和がもたらされたとチキサは反論します。

そんな中、黒服の男たちに襲われ、遊牧民の元から離れたバルサたちがロタ王国の四路街に入ったことを知ったスファルたちは、タンダにバルサが立ち寄りそうな場所に案内するよう指示します。

アスラを連れ四路街に入ったバルサは、昔馴染みで商人のマーサを頼り、彼女の助けで一時の安らぎを得ます。明るく笑うアスラの姿は、恐ろしいものが宿っていることを忘れさせました。

このまま、アスラに争いと関係のない環境で過ごしてほしいと願うバルサ。

しかし、タンダの案内でマーサの元に身を寄せていることを知ったシハナは、父親のスファルを裏切り、バルサに手紙を寄越します。その中身は、アスラを際議場に連れてこなければ、タンダとチキサを殺すというものでした。

一方、サンガル国に捕らわれたチャグムは、目の前で死に逝くトーサを助けられなかったことを悔い続けていました。そんなチャグムの姿に言葉もない兵士たちの中、狩人のジンは声を荒げます。

ジンとシュガの言葉により奮起したチャグムは、自分の不甲斐なさを謝り、生き抜くことを決意します。

しかし、密かに帝の命を受けていた狩人のモンが、眠るチャグムの口元をふさぎ、殺害しようとします。

第3話 感想①


アスラの母がどのようにしてカミサマを招いたのか、そして、カミサマとは何かが今回語られました。

タル人にとって、信仰の対象ではあるものの、カミサマとアスラが呼ぶタルハマヤのいる際議場には立ち入ってはいけなかったようです。それだけ、タルハマヤは危険な存在だったのでしょう。

そして、捕虜となったチャグム。前を向き、歩みだそうとした彼を、またもや帝の魔の手が襲おうとしています。

アスラとチャグム、二人の過酷な運命の行く末。そしてそこに関わる人々の想いや策略が、バルサやタンダを巻き込んでいきます。

原作とは少し違う展開が、これからどうドラマの中でイキイキと描かれていくか楽しみです。

第3話 感想②


今週はなんといっても衣装が可愛い!渡辺えりさん演じるマーサやアスラの衣装が可愛くて目を引きました。アスラもとても可愛いですね。

異国情緒溢れるマーサの衣装店の雰囲気が視聴者を別の国に誘ってくれます。マーサの押し売りではない、サバサバとした優しさもいいですね。張り詰めた緊張の中で旅をしてきたバルサとアスラが一息できて良かったと思います。

チャグムもほうも心配ですが、先日の「サラメシ」でバルサとチャグムが一緒にいるシーンの撮影風景が紹介されました。二人は出会うことができるのだなと少し安心しました。

すっかり意気消沈しているチャグムが心配だし、相変わらずブラックな藤原竜也演じる帝は自分の息子を救おうともしないで知らんぷりです。今後、どうやって二人は出会えるのか・・・。

取りあえず、チャグムはロタ国に来ないとバルサには会えないですよね。来週、チャグムは牢から脱出するようですが、亮平さん率いる密偵に阻まれるようです。

どのような形で二人が出会うのか楽しみですが、早く出会ってほしいと思っています。とにかく、二人が出会わないと話が進みません。

チャグムを襲ったのは誰なのか、ロタ国は南北に分裂してしまうのか、気になること満載ですね。

【精霊の守り人 シーズン2】第2話 1月28日


精霊の守り人2話

第2話 あらすじ


バルサたちが身を隠す小屋に呪術師のスファルが現れます。彼は、アスラに宿る神は怒りで人々を殺す力を持っており、誰にも救えないと忠告します。

それでもアスラを守ろうとするバルサでしたが、薬を盛られスファルの娘・シハナにアスラを攫われてしまうのです。

なんとか、アスラを奪い返しますが、タンザとアスラの兄・チキサを離れ離れになってしまうのです。

一方、サンガル王国救出の航海に出たチャグムは、隣国・ロタ国に向かい、ロタ王に同盟を願い出ます。

ロタ王からは、すでにタルシュ帝国から開港を迫られている。新ヨゴ国との同盟はできないと断られるのです。

傷心のチャグムはサンガル王国へ向かいますが、すでにタルシュ帝国に侵略されており、チャグムたちは捕虜になってしまうのです。

第2話 感想


第2シーズンは、チャグムとバルサの2つの話が同時進行しており、いずれ一緒になるとは思いますが、それまでいろいろな事件が起こると推測できます。

きっと、二人は出会うことができて、アスラにとってチャグムは良い影響を与えることができるのではないかと思っています。ただ、そう簡単にはいかず、二人にどんなことが起きるのか想像できません。

また、2話目ではタルシュ帝国の密偵。ヒュウゴ役で鈴木亮平さんが登場。ヒール役もかっこよく、今後、バルサとチャグムにどう関わってくるのか楽しみです。

ただの悪役ではなく、需要な役割を果たし、第3シーズンまで出番があるとか。いったい、どんなキャラクターなのか、ワクワクしますね。

自分は原作を読んでいませんが、いろいろな話が入り混じっているようです。

原作を読んでいる人がどう感じるのかは分かりませんが、個人的には、キャラクターの感情が複雑に絡み合って見応えのあるドラマになっていると思います。

チャグムとバルサはいつ出会うことができるの、アスラを助けることができるのか、注目して見たいと思っています。

また、新ヨゴ国やロタ国の王位継承問題、バルサとタンザの関係など、第3シーズンまで持ち越しそうな問題もあり、目が離せませんね。

【精霊の守り人 シーズン2】第1話 1月21日


精霊の守り人1話

第1話 あらすじ


女用心棒バルサ(綾瀬はるか)はチャグム(板垣瑞生)との旅を終えて4年、隣国のロタ王国に身を潜めていました。父を殺したカンバル国王・ログサム(中村獅童)の暗殺未遂のためお尋ね者になっていたのです。

その間にチャグムは新ヨゴ国の皇太子となっています。同盟国サンガル国がタルシュ国から侵攻され、救援に向かうことになりました。

一方、バルサはロタ王国で用心棒稼業を続けています。

ロタ王国に薬草を求めてタンダ(東出昌大)がやって来て再会するのですが、二人が泊まっていた宿でバルサは人身売買組織に売られそうになったタル人の少女・アスラ(鈴木梨央)を助けることになります。

しかし、タンダはアスラという少女には関わるべきではないと忠告します。アスラは“タルの破壊神=タルハマヤ”を招き大量殺人を起こす力を授かった恐るべき存在なのです。

さらに、呪術師シハナ(真木よう子)がアスラの力を利用しようしてバルサたちに接触してきます。バルサとシハナの死闘の始まりを予感させます。

また、シハナの父・スファル(柄本明)はアスラを抹殺しようと動き出すという内容でした。

第1話 感想


第1シーズンから1年近く、待ちに待った第2シーズンが始まりました。映像を観ると更にスケールアップした感があります。

1話では今シーズンの伏線がいろいろと出てきて、次回からの展開がどうなるのか気になるところです。

まず、アスラの力がどうなっていくのか、原作は読んでないだけに予想ができません。

また、チャグムのほうも父親が相変わらず冷たくて、チャグムを軽視しているようです。王位継承問題も揉めそうな予感です。

チャグムも危険の中に自ら飛び込んでいくようなことになりそうで今後が心配です。

チャグムはバルサと出会うことができるのか、ピンチを切り抜けて母国へ戻ることができるのかが見どころかなと思います。

さて、第2シーズンには、新しいキャストが登場しています。

チャグムも大きくなって別人のようですし、ロタ国の王弟をディーン様が演じます。王子役が似合い過ぎますよね。1話では少ししか出番ありませんでしたが、今後の活躍に期待しています。

また、ディーン様以外にも朝ドラのイケメンが勢ぞろいします。

1話からのレギュラーのタンザを「ごちそうさん」の東出昌大さんが演じています。バルサを心配する優しい幼馴染を好演しています。

同じく第1シーズンからの出演組・林遣都さんは、現在放送中の朝ドラ「べっぴんさん」で、ヒロインの娘さくらちゃんの初恋の相手であるドラマー志望の青年・ジロー役で1月から登場しています。

「精霊の守り人」では、新ヨゴ国の若き星読博士のひとりでチャグムを支えるシュガを演じており、第2シーズンでも重要な役割をはたします。

1話では登場しませんでしたが、新ヨゴ国の敵国・タルシュ国の第2王子ラウルは現在「べっぴんさん」でヒロインの姉の夫を演じる高良健吾さんが務めます。好青年のイメージがありますが、ヒール役もかっこよさそうです。

同じく好青年を演じることが多い鈴木亮平さんがラウルが重用する部下の密偵・ヒュウゴとして2話目から登場予定です。ヒュウゴはラウルの使命を受けてチャグムを追い命を狙います。

ご存知の通り、「花子とアン」では花子の夫・英治を演じました。優しい夫役やから悪役へと、違う魅力を見せてくれると思います。

2話目からも目が離せなくなりそうです。

動画を見る公式な方法


見逃し動画は放送後に動画配信サービス"U-NEXT"で見ることができます。

U-NEXTは登録から31日間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ 今すぐ動画を見たい方はコチラから


【精霊の守り人 シーズン2】放送前情報


綾瀬はるかさん演じるバルサは、女性の腕が良い用心棒です。ある時バルサは川へ落ちてしまったチャグムという名前の男の子を救い出します。

バルサに助けられたチャグムは新ヨゴ皇国の皇子なのですがチャグムはその時、チャグムは体内に何か恐ろしいものを宿してしまうのです。

チャグムの父親で新ヨゴ国の君主で帝は、チャグムが実子でありながら、チャグムが宿したものは魔物だと恐れを抱き、チャグムを亡き者にしようと暗殺をしようと考えるのです。


現実の世界では、何があっても子供を守る!と考える親が多いものの、帝のように自分の子供に暗殺計画を立てているとは、うーん・・・守ってあげないの?と声が出そうになりますね。


帝の妻であり、チャングムの母親の二ノ妃は用心棒のバルサにチャグムを守るように頼まれます。そこでチャグムを守る為に、バルサは新ヨゴ国の薬草師で幼馴染のタンダがいる場所に行くことにします。

タンダには師匠であるトロガイという名前の呪術師がいますが、そのトロガイから思いもよらない言葉を告げられるのです。

それは、チャグムが体に宿しているのは異界の精霊の卵で、その卵が孵化するまで守らなければ異界の魔物が卵を狙ってくるというものです。

呪術師のタンダには才能があるようなのですが、そのタンダが師匠と考えるトロガイはどのような人物なのかも気になりますね。


異界と人の世界が交錯する中チャグムを守り、チャグムに宿った精霊の卵も無事に守ることができたバルサでしたが、旅の途中で亡くなった自分の父と一緒に旅をしてきたジグロの敵を取る為に、敵の国王を倒そうとしますが失敗してしまいます。

そこから4年の月日が流れ、チャグムは新ヨゴ国の皇太子となっています。

バルサは国王の命を狙った人物として追われる身となってしまうのですが、隣国に身を隠しながらもバルサは用心棒を続けているのです。

せっかくチャグムと精霊の卵を守ったバルサが、今度は敵の為に狙った命が原因でお尋ね者となってしまうとは、バルサの人生はまさに波乱万丈ですよね・・・。

精霊の守り人Ⅱでは、バルサはチャグムの時と同様にある少女を助けます。少女の名前はアスラといいます。

アスラもまた、自分の民族が尊いものと崇めている破壊神『タルハマヤ』を体に宿している少女です。


彼女を守っていく中で、バルサは過去に自分が守り抜いたチャグムの姿を少女に重ねるようになっていくのですが・・・。
精霊の守り人Ⅱも深い内容となりそうで楽しみです。

【精霊の守り人 シーズン2】キャスト


バルサ  ・・・綾瀬はるか
チャグム ・・・板垣瑞生
タンダ  ・・・東出昌大
トロガイ ・・・高島礼子
シハナ  ・・・真木よう子
スファル ・・・柄本明
アスラ  ・・・鈴木梨央
チキサ  ・・・福山康平
トリーシア・・・壇蜜
イーハン ・・・ディーンフジオカ
ヨーサム ・・・橋本さとし
スーアン ・・・品川徹
ラウル  ・・・高良健吾
ヒュウゴ ・・・鈴木亮平
セナ   ・・・織田梨沙
クールズ ・・・小市慢太郎
帝    ・・・藤原竜也
二ノ妃  ・・・木村文乃
トーサ  ・・・伊武雅刀
聖導師  ・・・平幹二朗
シュガ  ・・・林遣都(けんと)
ガカイ  ・・・吹越満
モン   ・・・神尾佑
ジン   ・・・松田悟志
トゥグム ・・・高橋幸之介
マーサ  ・・・渡辺えり
トウノ  ・・・岩崎う大(いわさきうだい)
ログサム ・・・中村獅童
ジグロ  ・・・吉川晃司

【精霊の守り人 シーズン2】楽曲


『精霊の守り人』の音楽は佐藤直紀さんのオリジナル楽曲です。佐藤直紀さんのオリジナルサウンドトラックは、NHK交響楽団の方々が演奏をされていらっしゃるそうなので楽しみです。

作品に流れる劇伴音楽が精霊の守り人Ⅱでは新たに20曲も追加で録音されているという事ですので、美しく素晴らしい音色の音楽を沢山聞くことができそうです。

動画を見る公式な方法


見逃し動画は放送後に動画配信サービス"U-NEXT"で見ることができます。

U-NEXTは登録から31日間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ 今すぐ動画を見たい方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です